[クリエ全般] 致命的なエラーや予期せぬエラーが発生する場合がある| Q&Aページ | Q&A | サポート・お問い合わせ | ソニー
[クリエ全般] 致命的なエラーや予期せぬ... | Q&Aページ | Q&A | サポート・お問い合わせ | ソニー
clie
サポートトップ
S0010240000131
1
PEG-N600C PEG-N600C/S PEG-N600C/V PEG-N700C PEG-N750C PEG-NR70 PEG-NR70V PEG-NX60 PEG-NX70V PEG-NX70V/H PEG-NX73V PEG-NX80V PEG-NZ90 PEG-S300 PEG-S300/D PEG-S500C PEG-S500C/D PEG-SJ30 PEG-SJ30/B PEG-SJ30/W PEG-SJ33 PEG-SJ33/D PEG-SJ33/L PEG-SJ33/LJ PEG-SJ33/W PEG-T400 PEG-T400/B PEG-T400/S PEG-T600C PEG-T600C/L PEG-T600C/R PEG-T600C/S PEG-T650C PEG-T650C/H PEG-TG50 PEG-TH55/B PEG-TH55/R PEG-TH55DK PEG-TJ25/B PEG-TJ25/L PEG-TJ25/P PEG-TJ25/R PEG-TJ25/S PEG-TJ25/W PEG-TJ37/D PEG-TJ37/L PEG-TJ37/S PEG-UX50 PEG-VZ90
support-common
> Q&A

Q[クリエ全般] 致命的なエラーや予期せぬエラーが発生する場合がある
[エラー] ダイアログ ボックス、[致命的なエラー] ダイアログ ボックスで、以下のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

  • 「Fatal Exception」
  • 「致命的なエラー」
  • 「予期せぬエラー」


[対象製品]
クリエ全般
PEG-***

A 下記を参照してください
エラー メッセージが表示される場合には、以下の原因が考えられます。


■ Palm OS の動作が不安定な場合

■ クリエの空き容量が十分でない場合

■ 対応していないソフトウェア、データベースを使用している場合

■ ソフトウェア、データベースが破損している場合

■ バッテリが十分充電されていない場合

■ メモリースティックのアクセスランプ点灯中にメモリースティックを抜いた場合






Palm OS の動作が不安定な場合

本体メモリの断片化などで Palm OS の動作が不安定になっている場合、正常に動作しないことがあります。
再起動 (ソフトリセット) を行い、症状が改善されるか確認してください。

リセットをする際の注意事項

▼関連項目:
[クリエ全般] 再起動 (ソフトリセット)、ハードリセットの方法



クリエの空き容量が十分でない場合

メモリの残り容量が少ない状態になると、ソフトウェア起動時などに「致命的なエラー」、「Fatal Exception」、「予期せぬエラー」などが発生する場合があります。
下記の手順で、メモリの空き容量を定期的にチェックし、不要なファイルは削除するようにしてください。
1MB 以上の空き容量を確保していただくことをお勧めします。

本体メモリ空き容量の確認方法

▼関連項目:
[クリエ全般] ファイルやソフトウェアの削除方法



対応していないソフトウェア、データベースを使用している場合

ご利用のクリエに対応していないソフトウェアやデータベースなどを使用している場合、「致命的なエラー」、「Fatal Exception」、「予期せぬエラー」などが発生する場合があります。
非対応のソフトウェア、データベースはご使用にならないようご注意ください。

▼関連項目:
[クリエ全般] ファイルやソフトウェアの削除方法



ソフトウェア、データベースが破損している場合

ソフトウェア、データベースが破損している場合や、他社製ソフトウェア使用時に「致命的なエラー」、「Fatal Exception」、「予期せぬエラー」などが発生する場合があります。
該当するソフトウェアやデータベースを削除し、改善するか確認してください。

▼関連項目:
[クリエ全般] ファイルやソフトウェアの削除方法




バッテリが十分充電されていない場合

充電の量が減っている状態では、OS 起動時やソフトウェア起動時に「致命的なエラー」、「Fatal Exception」、「予期せぬエラー」などが発生する場合があります。

以下を参照し、バッテリの充電残量を確認してください。

バッテリ残量の確認方法




メモリースティックのアクセスランプ点灯中にメモリースティックを抜いた場合

メモリースティックに限らず、メモリースティックスロットに接続する周辺機器のご利用時においても、アクセスランプ点灯中にメモリースティックスロットから抜いた場合、「致命的なエラー」、「Fatal Exception」、「予期せぬエラー」などが発生する場合があります。

アクセスランプ点灯中にメモリースティックスロットから抜いた場合、メモリースティック、周辺機器が破損する恐れがあります。
取扱説明書などを参照し、指定の方法にてメモリースティックスロットから抜いてください。






ソフトウェアに原因がある場合は、ハードリセットを行うことで現象が改善する場合があります。
上記手順で改善しない場合には、バックアップを取った上でハードリセットを行ってください。

リセットをする際の注意事項

▼関連項目:
[クリエ全般] 再起動 (ソフトリセット)、ハードリセットの方法


ハードリセット直後で改善し、HotSync を行うことで症状が再発する場合には、バックアップデータに問題がある可能性があります。
その際は半角 (1 バイト文字) にて新規ユーザーを作成し、以下の手順で新規ユーザーへデータの移行を行ってください。

▼関連項目:
(まとめ) [クリエ全般] 他のクリエに PIM データを移行する方法




▼関連項目:
[PEG-NR70,PEG-SJ30*,PEG-SJ33*,PEG-T650*] クリエギア・メモリースティックを挿入すると、致命的エラーが発生する
[CLIE Camera S] 起動中にバッテリを抜くと致命的なエラーが発生する
[クリエ全般] Palm OS やソフトウェアがハングアップする
[メモ帳] HotSync 終了後にメモデータをタップするとエラーが発生する








文書番号: S0010240000131
更新日: 2016/09/27