[Giga Pocket Digital Ver.1.*] 録画コンテンツの保存先を変更する・バックアップする・復元する方法| Q&Aページ | Q&A | パーソナルコンピューター VAIO® | サポート・お問い合わせ | ソニー
[Giga Pocket Digital... | Q&Aページ | Q&A | パーソナルコンピューター VAIO® | サポート・お問い合わせ | ソニー
vaio
sidemenu_sm2
パーソナルコンピューター“VAIO” サポートトップ
S0806121047352
1
VGC-LN50DB VGC-LN51JGB VGC-LN52JGB VGC-LN70DB VGC-LN71JGB VGC-LN72JGB VGC-LN90S VGC-LN91JS VGC-LN92JS VGC-LV50DB VGC-LV51JGB VGC-LV52JGB VGC-LV70DB VGC-LV71JGB VGC-LV72JGB VGC-LV90S VGC-LV91JS VGC-LV92JS VGC-RT70D VGC-RT71JG VGC-RT90S VGC-RT90US VGC-RT91CYS VGC-RT91JS VGC-RT91YS VGN-AW50DB/H VGN-AW51JGB VGN-AW52JGB VGN-AW80NS VGN-AW80S VGN-AW80US VGN-AW81DS VGN-AW81JS VGN-AW81YS VGN-AW82DS VGN-AW82JS VGN-AW82YS VGN-AW90NS VGN-AW90S VGN-AW90US VGN-AW91CDS VGN-AW91CJS VGN-AW91CYS VGN-AW91DS VGN-AW91JS VGN-AW91YS VGN-AW92CDS VGN-AW92CJS VGN-AW92CYS VGN-AW92DS VGN-AW92JS VGN-AW92YS VGN-FW70DB VGN-FW71DB/W VGN-FW72JGB VGN-FW73JGB VGN-FW81HS VGN-FW81NS VGN-FW81S VGN-FW82DS VGN-FW82JS VGN-FW82XS VGN-FW83DS VGN-FW83JS VGN-FW83XS VGN-FW90HS VGN-FW90NS VGN-FW90S VGN-FW91NS VGN-FW91S VGN-FW92DS VGN-FW92JS VGN-FW93DS VGN-FW93JS VGN-FW93XS VGN-TT92DS VGN-TT92JS VGN-TT92PS VGN-TT92YS VGX-TP1D VGX-TP1DQ/B VGX-TP1GX/B VGX-TP1QS VGX-TP1XS
vaio
> Q&A
Q

[Giga Pocket Digital Ver.1.*]
録画コンテンツの保存先を変更する・バックアップする・復元する方法


  • 「Giga Pocket Digital」の録画したコンテンツは、どこに保存されますか。
  • 「Giga Pocket Digital」で録画したコンテンツをバックアップ、および復元する方法を教えてください。

A

[設定]画面でコンテンツの保存先を確認し、エクスプローラー上でファイルを操作します


対象製品

アプリケーションソフトウェア
Giga Pocket Digital Ver.1.*

説明

本Q&Aでは、「Giga Pocket Digital Ver.1.*」で録画したコンテンツのバックアップ方法、および復元方法を説明します。
操作を行う前に必ず「■バックアップ/復元時の注意事項(必ずご確認ください)」をご確認ください。

内容

目次に戻る

操作方法

バックアップ/復元時の注意事項(必ずご確認ください)
  • 「Giga Pocket Digital」を起動している場合は、すべての画面を閉じてから操作を行ってください。

  • コンテンツの保存場所などは、ご使用の環境によって異なります。

  • 操作を行う前に、隠しファイルを表示する設定にしてください。

  • 録画された番組は、映像や音声などが保存される「録画ファイル」(拡張子なし)と、データ放送の内容や番組情報などが保存される「録画情報ファイル」(拡張子が「.rid」)の2つのファイルとして保存されます。
    番組ごとにバックアップを行う場合は、必ず「録画ファイル」、および「録画情報ファイル」の両方をバックアップするようにしてください。
    また、一方のファイルを別の場所に移動する、削除する、またはファイル名を変更するなどの操作を行うと、再生できなくなります。

  • バックアップしたコンテンツは、バックアップ時のドライブ、およびフォルダーに戻さないと再生できませんのでご注意ください。
    【再生できない例】

    1. 録画したコンテンツをバックアップします。
    2. 本ナレッジの「■録画コンテンツの保存先について」の手順で、録画コンテンツの保存先をCドライブからDドライブに変更します。
    3. 手順1でバックアップしたコンテンツを、Dドライブに復元します。
    バックアップした後に保存先を変更した場合には、バックアップを行った時点の保存先に復元してください。
    たとえば「C:\DTVApp」に保存していたコンテンツは、「C:\DTVApp」に復元した後、「■録画コンテンツの保存先について」の手順で保存先を変更してください。
  • 複数のドライブに録画したコンテンツが保存されている場合は、ドライブごとにバックアップと復元を行ってください。
    外付けハードディスクに保存していた場合は、同じ外付けハードディスクに復元してください。

  • 「Giga Pocket Digital」のソフトウェア上から録画コンテンツを削除した場合、バックアップをしていても復元(再生)できなくなります。
    ソフトウェア上から削除したコンテンツを復元する方法はありません。
    バックアップしたコンテンツは「Giga Pocket Digital」上から削除しないでください。

  • コンテンツのファイル名は変更しないでください。
    ファイル名を変更すると、コンテンツの再生ができなくなります。

  • バックアップファイルは、バックアップ操作を行ったVAIOへのみ復元できます。
    別のVAIOへは復元することはできません。

  • [ビデオ一覧]に録画したコンテンツがある場合に、バックアップした録画コンテンツを復元する際の注意
    [ビデオ一覧]に録画したコンテンツがある状態で、バックアップした録画コンテンツを復元すると、[ビデオ一覧]にある録画したコンテンツは、再生、および書き出しができなくなります。
    バックアップした録画コンテンツを復元する前に、[ビデオ一覧]に録画コンテンツがある場合は、メディアへの書き出しを行う、またはビデオ一覧から録画コンテンツの削除を行ってください。

    • バックアップした録画コンテンツを復元した後に録画したコンテンツには、影響ありません。
  • よく録画する番組のデータ、およびおすすめ番組のデータはバックアップできません。
    リカバリー後、データは消去されますが、使用している間に操作履歴から好みを学習し、好みにあった番組をおすすめします。

目次に戻る

録画コンテンツの保存先について

「Giga Pocket Digital」で録画したコンテンツは、工場出荷時状態ではCドライブ直下にある[DTVApp]フォルダーに保存されています。
保存先の確認方法、および変更方法は、下記をご参照ください。

ご注意

保存先を変更した場合も、変更するより前に録画したコンテンツは変更先ドライブに移動されません。
保存先を変更する前に録画したコンテンツの、閲覧、再生、および移動(ムーブ)などは通常どおり行えます。

操作手順

  1. 「Giga Pocket Digital」を起動します。

  2. [設定]画面を表示します。
    下記の関連Q&Aの「■[設定]画面を表示する方法」をご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Giga Pocket Digital Ver.1.0,Giga Pocket Digital Ver.1.1] [設定]画面の表示方法、および概要
    [Giga Pocket Digital Ver.1.2-Ver.1.4] [設定]画面の表示方法、および概要

  3. [録画]をクリックし、[保存先ドライブ]に表示されているドライブを確認します。

    • 以下では、[C:\DTVApp]フォルダーの直下にコンテンツが保存されています。
      また、「Giga Pocket Digital」のバージョンにより表示される画面が異なる場合があります。

    [設定]画面

参考
  • 保存先を変更する場合は、上記画面の[保存先ドライブ]の下向き三角ボタンをクリックして、任意のドライブを選択し、[OK]ボタンをクリックします。

  • 保存先ドライブには、[DTVApp]フォルダーと[VAIO Entertainment]フォルダーがあります。
    どちらのフォルダーも絶対に削除しないでください。削除すると録画コンテンツの再生ができなくなります。

  • PCに外付けハードディスクを接続し、上記画面でドライブとして認識されている場合は、録画先として指定することができます。
    ただし、動作確認は取れていないため、動作保証外となります。

  • 3TB以上の外付けハードディスクを接続する場合は、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:

  • FAT32では4GB以上のファイルを扱うことはできません。
    ただし、ファイルシステムFAT32からNTFSフォーマット変更することで、外付けハードディスクを認識できるようになる場合があります。
    外付けハードディスクを保存先として指定している場合は、ファイルシステムをご確認ください。

目次に戻る

録画コンテンツをバックアップする方法
「Giga Pocket Digital」の常駐設定を解除します

「Giga Pocket Digital」を起動できる場合と起動できない場合で操作が異なります。

「Giga Pocket Digital」を起動できる場合

[設定]画面から操作を行います。

操作手順

  • 以下では、「Giga Pocket Digital Ver.1.4」の画像を使用しています。
    表示される画面は、ご使用のバージョンにより異なる場合があります。
  1. 「Giga Pocket Digital」を起動します。

  2. [設定]画面を表示します。
    下記の関連Q&Aの「■[設定]画面を表示する方法」をご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Giga Pocket Digital Ver.1.0,Giga Pocket Digital Ver.1.1] [設定]画面の表示方法、および概要
    [Giga Pocket Digital Ver.1.2-Ver.1.4] [設定]画面の表示方法、および概要

  3. [全般]をクリックし、[Giga Pocket Digitalの常駐]欄の[トレイアイコンを常に表示する]、および[コンピュータへのログオン時に、自動的にGiga Pocket Digitを起動する]のチェックをはずします。

    [設定]画面

  4. [確認]画面が表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    [確認]メッセージ画面

  5. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  6. [OK]ボタンをクリックし、[設定]画面を閉じます。

  7. 表示されている画面をすべて閉じます。

  8. Windowsを再起動します。

目次に戻る

「Giga Pocket Digital」を起動できない場合

「Giga Pocket Digital」が起動できない場合は、「Giga Pocket Digital」のプロセスを終了してください。
プロセスの終了する方法については、下記をご確認ください。

操作手順

  1. タスクバー上を右クリックし、表示されたメニューから、[タスクマネージャーの起動]をクリックします。

  2. [Windows タスクマネージャー]画面が表示されるので、[プロセス]タブをクリックします。

  3. 表示された一覧から、[VFTV.exe *32]をクリックし、[プロセスの終了]ボタンをクリックします。

    • ご使用のモデルにより、[VFTV.exe]と表示されている場合があります。

    [Windows タスクマネージャー]画面

  4. [VFTV.exe *32を終了しますか?]画面が表示されるので、[プロセスの終了]ボタンをクリックします。

    [Windows タスクマネージャー]画面

  5. [×](閉じる)ボタンをクリックし、表示されている画面をすべて閉じます。

目次に戻る

以上で操作は完了です。

目次に戻る

[VAIO Entertainment Database Service]を停止します

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[コントロール パネル]をクリックします。

  2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[システムとメンテナンス]をクリックし、[管理ツール]をクリックします。

  3. [管理ツール]画面が表示されるので、[サービス]をダブルクリックします。

    [管理ツール]画面

  4. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  5. [サービス]画面が表示されるので、表示されている一覧から[VAIO Entertainment Database Service]をクリックし、[サービスの停止]をクリックします。

    [サービス]画面

  6. [別のサービスの停止]画面が表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    [別のサービスの停止]画面

  7. サービスが停止されるまでしばらく待ちます。

    [サービス コントロール]画面

  8. サービスが停止したら、[×](閉じる)ボタンをクリックし、表示されているすべての画面を閉じます。

目次に戻る

バックアップデータを保存するフォルダーを作成します

操作手順

  1. 任意の場所に「backup」という名前のフォルダーを新規で作成します。

  2. 手順1で作成したフォルダー内に、以下のフォルダーを新規で作成します。

    • [Pixela]フォルダー
    • 保存先ドライブのドライブ名フォルダー

      • 複数のドライブにコンテンツを保存している場合は、各ドライブ名のフォルダーを作成してください。
  3. 手順2で作成した保存先ドライブ名のフォルダー内に、[Rec]フォルダーを新規で作成します。

    • 複数のドライブにコンテンツを保存している場合は、各ドライブ名のフォルダー内に[Rec]フォルダーを作成してください。
参考

たとえば、Cドライブ、およびDドライブにコンテンツを保存している場合、以下のようになります。

[backup]フォルダーイメージ

  • 画像は一例です。

目次に戻る

[Master.vzdb]ファイルをバックアップします
ご注意

「Giga Pocket Digital Ver.1.*」では、「■事前確認」に記載しているファイルすべてをバックアップする必要があります。
1つでもバックアップをしていないと、復元ができなくなりますので、ご注意ください。

操作手順

  1. 下記のフォルダーを開きます。

    C:\ProgramData\Sony□Corporation\VAIO□Entertainment□Platform\1.0\VzCdb
    • 上記の□は半角スペースです。
  2. [Master.vzdb]ファイルを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

    [VzCdb]フォルダー画面

  3. [Master.vzdbのプロパティ]画面が表示されるので、[セキュリティ]タブをクリックし、[続行]ボタンをクリックします。

    [Master.vzdbのプロパティ]画面

    参考

    標準ユーザーアカウントでログオンしている場合、またはユーザーアカウント制御機能を無効にしている場合は、アクセス許可についてのメッセージが表示されます。

    メッセージ内容:
    「このオブジェクトのアクセス許可の設定を表示または編集するアクセス許可がありません。」

    [Master.vzdbのプロパティ]画面

    アクセス許可の設定を変更するには、下記いずれかの操作を行ってください。

  4. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  5. [Master.vzdb のアクセス許可]画面が表示されるので、[グループ名またはユーザー名]欄の[Administrators]をクリックし、[Administrators のアクセス許可]欄の[フル コントロール]の[許可]にチェックをつけます。

    [Master.vzdb のアクセス許可]画面

  6. [Master.vzdb のアクセス許可]画面の[OK]ボタンをクリックします。

  7. [Master.vzdbのプロパティ]画面の[OK]ボタンをクリックします。

  8. [Master.vzdb]ファイルを右クリックし、[コピー]をクリックします。

    [VzCdb]フォルダー画面

  9. バックアップデータを保存するフォルダーを作成します」で作成した[backup]フォルダーを開きます。

  10. フォルダー内の何も表示されていない部分を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

    [backup]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  11. [対象のフォルダへのアクセスは拒否されました]画面が表示されるので、[続行]ボタンをクリックします。

    [対象のフォルダへのアクセスは拒否されました]画面

  12. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  13. [Master.vzdb]ファイルが[backup]フォルダーに保存されます。

    [backup]フォルダー画面

目次に戻る

[VFTV]フォルダーをバックアップします
ご注意

「Giga Pocket Digital Ver.1.*」では、「■事前確認」に記載しているファイルすべてをバックアップする必要があります。
1つでもバックアップをしていないと、復元ができなくなりますので、ご注意ください。

操作手順

  1. 下記のフォルダーを開きます。

    C:\ProgramData\Sony□Corporation

    • 上記の□は半角スペースです。
  2. [VFTV]フォルダーを右クリックし、[コピー]をクリックします。

    [Sony Corporation]画面

  3. バックアップデータを保存するフォルダーを作成します」で作成した[backup]フォルダーを開きます。

  4. フォルダー内の何も表示されていない部分を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

    [backup]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  5. [VFTV]フォルダーが[backup]フォルダーに保存されます。

    [backup]フォルダー画面

目次に戻る

[VAIO Entertainment]フォルダーをバックアップします
ご注意

「Giga Pocket Digital Ver.1.*」では、「■事前確認」に記載しているファイルすべてをバックアップする必要があります。
1つでもバックアップをしていないと、復元ができなくなりますので、ご注意ください。

操作手順

  • 以下は、録画コンテンツがCドライブに保存されている場合の手順です。
    複数のドライブに録画コンテンツを保存している場合は、ドライブごとにバックアップをしてください。
  1. [スタート]ボタンをクリックし、[コンピュータ]をクリックします。

  2. [コンピュータ]画面が表示されるので、[ローカルディスク(C:)]をダブルクリックします。

  3. [ローカルディスク(C:)]画面が表示されるので、[VAIO Entertainment]フォルダーを右クリックし、[コピー]をクリックします。

    [ローカルディスク(C:)]画面

  4. バックアップデータを保存するフォルダーを作成します」で作成した[C]フォルダーを開きます。

  5. フォルダー内の何も表示されていない部分を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

    [C]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  6. [VAIO Entertainment]フォルダーが[C]フォルダーに保存されます。

    [C]フォルダー画面

目次に戻る

[DriveMapTable]ファイルと[VzCdbCfg]ファイルをバックアップします
ご注意

「Giga Pocket Digital Ver.1.*」では、「■事前確認」に記載しているファイルすべてをバックアップする必要があります。
1つでもバックアップをしていないと、復元ができなくなりますので、ご注意ください。

操作手順

  1. 下記のフォルダーを開きます。

    C:\ProgramData\Sony□Corporation\VAIO□Entertainment□Platform\1.0\VzCdb

    • 上記の□は半角スペースです。
  2. [DriveMapTable]ファイルを右クリックし、[コピー]をクリックします。

    [VzCdb]画面

  3. バックアップデータを保存するフォルダーを作成します」で作成した[backup]フォルダーを開きます。

  4. フォルダー内の何も表示されていない部分を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

    [backup]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  5. [DriveMapTable]ファイルが[backup]フォルダーに保存されます。

    [backup]フォルダー画面

  6. [VzCdbCfg]ファイルを右クリックし、[コピー]をクリックします。

    [VzCdb]画面

  7. バックアップデータを保存するフォルダーを作成します」で作成した[backup]フォルダーを開きます。

  8. フォルダー内の何も表示されていない部分を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

    [backup]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  9. [VzCdbCfg]ファイルが[backup]フォルダーに保存されます。

    [backup]フォルダー画面

目次に戻る

2つの[DTVApp]フォルダー内のファイルをバックアップします
ご注意

「Giga Pocket Digital Ver.1.*」では、「■事前確認」に記載しているファイルすべてをバックアップする必要があります。
1つでもバックアップをしていないと、復元ができなくなりますので、ご注意ください。

操作手順

  1. 下記のフォルダーを開きます。

    C:\ProgramData\Pixela\DTVApp
  2. [編集]メニューをクリックし、[すべて選択]をクリックします。
    フォルダー内のファイルがすべて選択されます。

    • メニューバーが表示されていない場合は、画面左上にある[整理]メニューをクリックし、[レイアウト]-[メニューバー]をクリックしてメニューバーを表示します。

    [DTVApp]フォルダー画面

  3. [編集]メニューをクリックし、[コピー]をクリックします。

    [DTVApp]フォルダー画面

  4. バックアップデータを保存するフォルダーを作成します」で作成した[Pixela]フォルダーを開きます。

  5. [編集]メニューをクリックし、[貼り付け]をクリックします。
    コピーしたデータが[Pixela]フォルダーに保存されます。

    [Pixela]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  6. コンテンツが保存されているフォルダーを開きます。
    コンテンツの保存先については、「■録画コンテンツの保存先について」をご確認ください。

  7. [編集]メニューをクリックし、[すべて選択]をクリックします。
    フォルダー内のファイルがすべて選択されます。

    [DTVApp]フォルダー画面

  8. [編集]メニューをクリックし、[コピー]をクリックします。

    [DTVApp]フォルダー画面

  9. 作成した[backup]フォルダーの中から、手順7で開いたドライブ名のフォルダーを開き、その中にある[Rec]フォルダーを開きます。

  10. [編集]メニューをクリックし、[貼り付け]をクリックします。
    コピーしたデータが[Rec]フォルダーに保存されます。

    • 複数のドライブに録画コンテンツを保存している場合は、ドライブごとにバックアップをしてください。

    [Rec]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  11. [backup]フォルダーを外部メディアなどに保存します。

以上でバックアップ操作は完了です。

目次に戻る

録画コンテンツを復元する方法
「Giga Pocket Digital」の常駐設定を解除します

操作手順

  • 以下では、「Giga Pocket Digital Ver.1.4」の画像を使用しています。
    表示される画面は、ご使用のバージョンにより異なる場合があります。
  1. 「Giga Pocket Digital」を起動します。

  2. 参考

    [初期設定]画面が表示された場合は、下記の関連Q&Aを参照し、初期設定を行ってください。

    ▼関連Q&A:

  3. [設定]画面を表示します。
    下記の関連Q&Aの「■[設定]画面を表示する方法」をご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Giga Pocket Digital Ver.1.0,Giga Pocket Digital Ver.1.1] [設定]画面の表示方法、および概要
    [Giga Pocket Digital Ver.1.2-Ver.1.4] [設定]画面の表示方法、および概要

  4. [全般]をクリックし、[Giga Pocket Digitalの常駐]欄の[トレイアイコンを常に表示する]、および[コンピュータへのログオン時に、自動的にGiga Pocket Digitを起動する]のチェックをはずします。

    [設定]画面

  5. [確認]画面が表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    [確認]メッセージ画面

  6. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  7. [OK]ボタンをクリックし、[設定]画面を閉じます。

  8. 表示されている画面をすべて閉じます。

  9. Windowsを再起動します。

目次に戻る

[VAIO Entertainment Database Service]を停止します

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[コントロール パネル]をクリックします。

  2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[システムとメンテナンス]をクリックし、[管理ツール]をクリックします。

  3. [管理ツール]画面が表示されるので、[サービス]をダブルクリックします。

    [管理ツール]画面

  4. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  5. [サービス]画面が表示されるので、表示されている一覧から[VAIO Entertainment Database Service]をクリックし、[サービスの停止]をクリックします。

    [サービス]画面

  6. [別のサービスの停止]画面が表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    [別のサービスの停止]画面

  7. サービスが停止されるまでしばらく待ちます。

    [サービス コントロール]画面

  8. サービスが停止したら、[×](閉じる)ボタンをクリックし、表示されているすべての画面を閉じます。

目次に戻る

[Rec]フォルダーにバックアップしたファイルを復元します
ご注意

  • バックアップしたコンテンツはバックアップ時のドライブ、およびフォルダーに戻さないと再生できません。

  • [DTVApp]フォルダーは、「Giga Pocket Digital」の初期設定完了後に作成されます。
    初期設定を行っていない場合は、下記の関連Q&Aを参照し、初期設定を行ってください。

    ▼関連Q&A:

操作手順

  1. 外部メディアに保存した[backup]フォルダーを開き、保存先ドライブ名のフォルダー内にある[Rec]フォルダーを開きます。

    • 保存先ドライブ名のフォルダーが複数ある場合は、コピーするフォルダーを開きます。
  2. [編集]メニューをクリックし、[すべて選択]をクリックします。
    フォルダー内のファイルがすべて選択されます。

    • メニューバーが表示されていない場合は、画面左上にある[整理]メニューをクリックし、[レイアウト]-[メニューバー]をクリックしてメニューバーを表示します。

    [Rec]フォルダー画面

  3. [編集]メニューをクリックし、[コピー]をクリックします。

    [Rec]フォルダー画面

  4. バックアップ時にコンテンツが保存されていたフォルダーを開きます。
    コンテンツの保存先については、「■録画コンテンツの保存先について」をご参照ください。

  5. [編集]メニューをクリックし、[貼り付け]をクリックします。
    コピーしたデータが[DTVApp]フォルダーに保存されます。

    • 複数のドライブに録画コンテンツを保存していた場合は、ドライブごとに復元を行います。

    [DTVApp]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  6. [×](閉じる)ボタンをクリックし、表示されているすべての画面を閉じます。

目次に戻る

[Pixela]フォルダーにバックアップしたファイルを復元します
ご注意

コピーするフォルダーを間違えると、正常に復元できません。
[Pixela]フォルダー内のファイルは、「C:\ProgramData\Pixela」にある[DTVApp]フォルダーにコピーします。

操作手順

  1. 外部メディアに保存した[backup]フォルダーを開き、[Pixela]フォルダーを開きます。

  2. [編集]メニューをクリックし、[すべて選択]をクリックします。
    フォルダー内のファイルがすべて選択されます。

    • メニューバーが表示されていない場合は、画面左上にある[整理]メニューをクリックし、[レイアウト]-[メニューバー]をクリックしてメニューバーを表示します。

    [Pixela]フォルダー画面

  3. [編集]メニューをクリックし、[コピー]をクリックします。

    [Pixela]フォルダー画面

  4. 下記のフォルダーを開きます。

    C:\ProgramData\Pixela\DTVApp
  5. [編集]メニューをクリックし、[貼り付け]をクリックします。
    コピーしたデータが[DTVApp]フォルダーに保存されます。

    [DTVApp]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  6. [×](閉じる)ボタンをクリックし、表示されているすべての画面を閉じます。

目次に戻る

[Master.vzdb]ファイルを復元します
参考

リカバリー(再セットアップ・初期化)を行った場合は、[Master.vzdb]ファイルのアクセス許可を変更してください。

[Master.vzdb]ファイルのアクセス許可を変更する方法

操作手順

  1. 外部メディアに保存した[backup]フォルダーを開きます。

  2. [Master.vzdb]ファイルを右クリックし、[コピー]をクリックします。

    [backup]フォルダー画面

  3. 下記のフォルダーを開きます。

    C:\ProgramData\Sony□Corporation\VAIO□Entertainment□Platform\1.0\VzCdb
    • 上記の□は半角スペースです。
  4. フォルダー内の何も表示されていない部分を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  5. [対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました]画面が表示されるので、[続行]ボタンをクリックします。

    [対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました]画面

  6. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  7. [Master.vzdb]ファイルが[VzCdb]フォルダーに保存されたら、[×](閉じる)ボタンをクリックし、表示されているすべての画面を閉じます。

目次に戻る

[VFTV]フォルダーを復元します

操作手順

  1. 外部メディアに保存した[backup]フォルダーを開きます。

  2. [VFTV]フォルダーを右クリックし、[コピー]をクリックします。

    [backup]フォルダー画面

  3. 下記のフォルダーを開きます。

    C:\ProgramData\Sony□Corporation

    • 上記の□は半角スペースです。
  4. フォルダー内の何も表示されていない部分を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。
    [Sony Corporation]フォルダーに[VFTV]フォルダーが保存されます。

    [Sony Corporation]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  5. [×](閉じる)ボタンをクリックし、表示されているすべての画面を閉じます。

目次に戻る

[VAIO Entertainment]フォルダーを復元します

操作手順

  • 以下は、録画コンテンツがCドライブに保存されている場合の手順です。
    複数のドライブに録画コンテンツを保存している場合は、ドライブごとに復元をしてください。
  1. 外部メディアに保存した[backup]フォルダーを開きます。

  2. [C]フォルダーを開き、[VAIO Entertainment]フォルダーを右クリックし、[コピー]をクリックします。

    [C]フォルダー画面

  3. [スタート]ボタンをクリックし、[コンピュータ]をクリックします。

  4. [コンピュータ]画面が表示されるので、[ローカルディスク(C:)]をダブルクリックします。

  5. フォルダー内の何も表示されていない部分を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

    [ローカルディスク(C:)]画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  6. [フォルダ上書きの確認]画面が表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

  7. [ファイルのコピー]画面が表示されるので、[同じ処理をすべての競合に適用]にチェックをつけて、[コピーして置き換える]をクリックします。
    [VAIO Entertainment]フォルダーがCドライブに保存されます。

  8. [×](閉じる)ボタンをクリックし、表示されているすべての画面を閉じます。

目次に戻る

[DriveMapTable]ファイルと[VzCdbCfg]ファイルを復元し、ボリュームシリアル番号を書き換えます

操作手順

  1. 外部メディアに保存した[backup]フォルダーを開きます。

  2. [DriveMapTable]ファイルを右クリックし、[コピー]をクリックします。

    [backup]フォルダー画面

  3. 下記のフォルダーを開きます。

    C:\ProgramData\Sony□Corporation\VAIO□Entertainment□Platform\1.0\VzCdb

    • 上記の□は半角スペースです。
  4. フォルダー内の何も表示されていない部分を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

    [VzCdb]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  5. [ファイルのコピー]画面が表示されるので、[コピーして置き換える]をクリックします。
    [DriveMapTable]ファイルが[VzCdb]フォルダーに上書き保存されます。

  6. [backup]フォルダーに保存されている[VzCdbCfg]ファイルを右クリックし、[コピー]をクリックします。

    [backup]フォルダー画面

  7. [VzCdb]フォルダー内の何も表示されていない部分を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

    [VzCdb]フォルダー画面

    • [ショートカットの貼り付け]をクリックしないようご注意ください。
  8. [ファイルのコピー]画面が表示されるので、[コピーして置き換える]をクリックします。
    [VzCdbCfg]ファイルが[VzCdb]フォルダーに上書き保存されます。

  9. [VzCdb]フォルダーに保存した[DriveMapTable]ファイルを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

    [VzCdb]フォルダー画面

  10. [DriveMapTableのプロパティ]画面が表示されるので、[セキュリティ]タブをクリックし、[編集]ボタンをクリックします。

    [DriveMapTableのプロパティ]画面

    参考

    標準ユーザーアカウントでログオンしている場合、またはユーザーアカウント制御機能を無効にしている場合は、アクセス許可についてのメッセージが表示されます。

    メッセージ内容:
    「このオブジェクトのアクセス許可の設定を表示または編集するアクセス許可がありません。」

    [Master.vzdbのプロパティ]画面

    アクセス許可の設定を変更するには、下記いずれかの操作を行ってください。

  11. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  12. [DriveMapTableのアクセス許可]画面が表示されるので、[グループ名またはユーザー名]欄の[Users]をクリックし、[Users のアクセス許可]欄の[フル コントロール]の[許可]にチェックをつけます。

    [DriveMapTableのアクセス許可]画面

  13. [DriveMapTableのアクセス許可]画面の[OK]ボタンをクリックします。

  14. [DriveMapTableのプロパティ]画面の[OK]ボタンをクリックします。

  15. [VzCdb]フォルダーに保存した[VzCdbCfg]を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

    [VzCdb]フォルダー画面

  16. [VzCdbCfgのプロパティ]画面が表示されるので、[セキュリティ]タブをクリックし、[編集]ボタンをクリックします。

    [VzCdbCfgのプロパティ]画面

  17. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  18. [VzCdbCfgのアクセス許可]画面が表示されるので、[グループ名またはユーザー名]欄の[Users]をクリックし、[Users のアクセス許可]欄の[フル コントロール]の[許可]にチェックをつけます。

    [VzCdbCfgのアクセス許可]画面

  19. [VzCdbCfgのアクセス許可]画面の[OK]ボタンをクリックします。

  20. [VzCdbCfgのプロパティ]画面の[OK]ボタンをクリックします。

  21. [スタート]ボタンをクリックし、[検索の開始]欄に「cmd」と入力し、[プログラム]に表示された[cmd.exe]をクリックします。

    [スタートメニュー]画面

  22. [コマンドプロンプト]画面が表示されるので、下記の文字列を入力し、[Enter]キーを押します。

    dir□C:\

    • 上記の□は半角スペースです。

    [コマンドプロンプト]画面

  23. 表示されたボリュームシリアル番号を確認します。

    [コマンドプロンプト]画面

  24. [VzCdb]フォルダーに保存した[DriveMapTable]ファイルをダブルクリックします。

  25. [ファイルを開くプログラムの選択]画面が表示されるので、[メモ帳]をクリックし、[OK]ボタンをクリックします。

    [DriveMapTable]画面

  26. [DriveMapTable-メモ帳]画面が表示されるので、以下の赤枠の部分を、手順23で確認したボリュームシリアル番号に書き換えます。

    • 通常、ボリュームシリアル番号は、4桁-4桁の英数字の組み合わせとなります。ここでは「-」(ハイフン)の入力は不要です。

    [DriveMapTable-メモ帳]画面

  27. [ファイル]-[上書き保存]をクリックし、[×](閉じる)ボタンをクリックします。

  28. [VzCdb]フォルダーに保存した[VzCdbCfg]ファイルをダブルクリックします。

  29. [ファイルを開くプログラムの選択]画面が表示されるので、[メモ帳]をクリックし、[OK]ボタンをクリックします。

  30. [VzCdbCfg-メモ帳]画面が表示されるので、以下の赤枠の部分を、手順23で確認したボリュームシリアル番号に書き換えます。

    • 通常、ボリュームシリアル番号は、4桁-4桁の英数字の組み合わせとなります。ここでは「-」(ハイフン)の入力は不要です。

    [VzCdbCfg-メモ帳]画面

  31. [ファイル]-[上書き保存]をクリックし、[×](閉じる)ボタンをクリックします。

目次に戻る

「Giga Pocket Digital」の常駐設定を元に戻します

操作手順

  • 以下では、「Giga Pocket Digital Ver.1.4」の画像を使用しています。
    表示される画面は、ご使用のバージョンにより異なる場合があります。
  1. 「Giga Pocket Digital」を起動します。

  2. [設定]画面を表示します。
    下記の関連Q&Aの「■[設定]画面を表示する方法」をご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Giga Pocket Digital Ver.1.0,Giga Pocket Digital Ver.1.1] [設定]画面の表示方法、および概要
    [Giga Pocket Digital Ver.1.2-Ver.1.4] [設定]画面の表示方法、および概要

  3. [全般]をクリックし、[Giga Pocket Digitalの常駐]欄の[トレイアイコンを常に表示する]、および[コンピュータへのログオン時に、自動的にGiga Pocket Digitを起動する]にチェックをつけます。

    [全般]画面

  4. [確認]画面が表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    [確認]画面

  5. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  6. [OK]ボタンをクリックし、[設定]画面を閉じます。

  7. 表示されている画面をすべて閉じます。

目次に戻る

Windowsを再起動します

[1]~[9]の操作が完了したら、必ずWindowsを再起動してください。

以上で復元操作は完了です。

目次に戻る


[Master.vzdb]ファイルのアクセス許可を変更する方法

操作手順

  1. 下記のフォルダーを開きます。

    C:\ProgramData\Sony□Corporation\VAIO□Entertainment□Platform\1.0\VzCdb
    • 上記の□は半角スペースです。
  2. [Master.vzdb]ファイルを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

    [VzCdb]フォルダー画面

  3. [Master.vzdbのプロパティ]画面が表示されるので[セキュリティ]タブをクリックし、[続行]ボタンをクリックします。

    [Master.vzdbのプロパティ]画面

    参考

    標準ユーザーアカウントでログオンしている場合、またはユーザーアカウント制御機能を無効にしている場合は、アクセス許可についてのメッセージが表示されます。

    メッセージ内容:
    「このオブジェクトのアクセス許可の設定を表示または編集するアクセス許可がありません。」

    [Master.vzdbのプロパティ]画面

    アクセス許可の設定を変更するには、下記いずれかの操作を行ってください。

  4. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、[許可]ボタン、または[はい]ボタンをクリックします。

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

  5. [Master.vzdb のアクセス許可]画面が表示されるので、[グループ名またはユーザー名]欄の[Administrators]をクリックし、[Administrators のアクセス許可]欄の[フル コントロール]の[許可]にチェックをつけます。

    [Master.vzdb のアクセス許可]画面

  6. [Master.vzdb のアクセス許可]画面の[OK]ボタンをクリックします。

  7. [Master.vzdbのプロパティ]画面の[OK]ボタンをクリックします。

目次に戻る

■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。







文書番号: S0806121047352
更新日: 2016/12/27