[SGPT*] Wi-Fi機能を使用してインターネットに接続する方法| Q&Aページ | Q&A | タブレット | サポート・お問い合わせ | ソニー
[SGPT*] Wi-Fi機能を使用して... | Q&Aページ | Q&A | タブレット | サポート・お問い合わせ | ソニー
tablet
sidemenu_sm2
タブレット サポートトップ
S1108121093396
1
SGPT111JP/S SGPT112JP/S SGPT113JP/S SGPT121JP/S SGPT122JP/S SGPT123JP/S SGPT211JP/S SGPT213JP/H
tablet
> Q&A
Q

[SGPT*]
Wi-Fi機能を使用してインターネットに接続する方法

  • 無線LANを使用して、インターネットに接続する方法を教えてください。
  • Wi-Fi対応のアクセスポイントと通信したいです。
 
A

タブレットのWi-Fi機能を有効にします

対象製品

Xperia Tablet S
Sony Tablet Pシリーズ
Sony Tablet Sシリーズ

内容

事前確認

ご注意
  • 事前にWi-Fi対応のアクセスポイント(無線ルーターなど)の準備をする必要があります。
    詳しい設定についてはアクセスポイントに付属の取扱説明書などをご参照ください。

  • ご利用の国や地域によっては、Wi-Fi機能搭載機器の使用が法律で制限されている場合があります。

  • Wi-Fi機能搭載機器が使用する2.4GHz帯は、さまざまな機器が共有して使用する電波帯です。
    そのためWi-Fi対応機器は、同じ電波帯を使用する機器からの影響を最小限に抑えるための技術を使用していますが、場合によってはそれらの影響によって通信速度や通信距離が低下することや、通信が切断することがあります。

  • タブレットでWi-Fi機能とBluetooth機能を同時に使用すると、お互いの電波が影響し合い、通信速度に影響を及ぼしたり、ほかの問題が生じる場合があります。

  • 外出先でWi-Fi通信を行う際は、Wi-Fi接続サービスを提供する会社との契約が必要となる場合があります。

  • データの通信速度と範囲は、以下のような条件によって変化します。

    • 通信機器間の距離
    • 通信機器間の障害物
    • 機器構成
    • 電波状況
    • 周囲の環境(壁の素材など)
    • 使用するアプリケーション
  • 電波状況によって、通信が切断される場合があります。

  • 主な仕様に記載されている通信速度は理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。

  • 画面に表示される通信速度と実際の接続速度は異なる場合があります。

  • 2.4GHz帯と5GHz帯のWi-Fi機能とは、周波数帯域が異なるため接続することはできません。

  • IEEE802.11g、およびIEEE802.11n(2.4GHz)は、IEEE802.11b製品との混在環境において、干渉を受けることにより通信速度が低下することがあります。
    また、自動的に通信速度を落としてIEEE802.11b製品との互換性を保つしくみになっています。
    アクセスポイントのチャンネル設定を変更することにより通信速度が改善する場合があります。

  • 通信速度が低下する場合、アクセスポイントのチャンネル設定を変更することにより通信速度が改善する場合があります。

  • タブレットが対応している無線チャンネルは、1~13チャンネルです。
    14チャンネルには対応していません。

  • 5GHz帯のWi-Fi機能を屋外で使用するのは、法令により禁止されています。

目次に戻る

操作方法

操作手順

  1. ホーム画面にあるアプリボタンをタップします。

  2. [アプリ]画面が表示されるので、[設定]をタップします。

  3. [設定]画面が表示されるので、[Wi-Fi]の[OFF]を右側へドラッグします。

    [設定]画面

  4. 画面右側にアクセスポイントの一覧が表示されるので、使用するアクセスポイントをタップします。

    • アクセスポイントの一覧では、上下にドラッグし画面をスクロールすることで、すべてのアクセスポイントを確認できます。
      アクセスポイントが表示されない場合は、手動で追加してください。手順については、参考をご確認ください。

    [設定]画面

  5. 選択したWi-Fiネットワークの画面が表示されるので、[パスワード]欄にWEPキーやWPAキーなど設定した暗号化キーを入力し、[接続]をタップします。

    • [セキュリティ]欄が[なし]と表示されている場合は、暗号化キーの入力は必要ありません。

    [設定]画面

  6. 接続中のアクセスポイントに[接続済み]と表示されます。

以上で、手順は完了です。

参考

一覧に接続するアクセスポイントが表示されない場合は、手動で追加できます。
アクセスポイントを手動で追加する場合は、アクセスポイントのSSID、および暗号化キーが必要です。

操作手順

  1. ホーム画面にあるアプリボタンをタップします。

  2. [アプリ]画面が表示されるので、[設定]をタップします。

  3. [設定]画面が表示されるので、[Wi-Fi]をタップします。

  4. [Wi-Fi]画面が表示されるので、[ネットワークを追加]をタップします。

    [Wi-Fi]画面

  5. [ネットワークを追加]画面が表示されるので、[ネットワークSSID]欄に接続するアクセスポイントのSSIDを入力します。

    [ネットワークを追加]画面

  6. [セキュリティ]欄の[なし]をタップし、接続するアクセスポイントのセキュリティーの種類を選択します。

    [ネットワークを追加]画面

  7. [パスワード]欄が表示されるので、パスワード(暗号化キー)を入力します。

    • [セキュリティ]で[なし]を選択した場合は、次の手順へ進んでください。

    [ネットワークを追加]画面

  8. [保存]をタップします。

以上で、手順は完了です。
一覧に追加したアクセスポイントが表示されます。

目次に戻る

 

参考情報

  • 通信を行わないときは、Wi-Fi機能を無効にしておくと消費電力を節約できます。

  • Xperia Tablet Sでは、5GHz帯の電波帯が使用できますが、タブレットの設定で、使用する帯域を2.4GHz帯、または5GHz帯のどちらか一方に固定することはできません。
    また、現在どの帯域を使用して接続しているかを確認したい場合は、接続先の無線LANルーターのSSIDで区別してください。

  • タブレットには、Wi-Fi通信用のアンテナが内蔵されています。
    Wi-Fiでインターネットに接続中、手などでアンテナ部をおおうと、通信の品質に影響を及ぼす場合があります。

    タブレットのアンテナ部

  • Wi-Fi接続の設定をする方法については、以下のWebページに動画で紹介していますのでご活用ください。

    Wi-Fiネットワークに接続する方法:
    http://www.sony.jp/support/tablet/movie/movie/wifi_connect.html

目次に戻る



 

 




文書番号: S1108121093396
更新日: 2017/01/26