<プラグインパワー方式>とはどんな機能ですか?| Q&Aページ | Q&A | ラジオ/テープレコーダー/ラジカセ | サポート・お問い合わせ | ソニー
<プラグインパワー方式>とはどんな機能で... | Q&Aページ | Q&A | ラジオ/テープレコーダー/ラジカセ | サポート・お問い合わせ | ソニー
radio
sidemenu_sm1
ラジオ/CDラジオ・ラジカセ/テープレコーダー サポートトップ
S1110278002887
1
BI-85T EBP-100 M-100MC M-2020 M-640 M-670 M-830 M-850 M-88 M-950 M-98 TC-D5M TCM-1390 TCM-400 TCM-410 TCM-450 TCM-48 TCM-4TR TCM-50 TCM-500 TCM-5000EV TCM-900 TCM-939 TCS-100 TCS-60 TCS-600 TCS-8000M
radio
> Q&A
Q

<プラグインパワー方式>とはどんな機能ですか?

A

マイクロホンは方式によっては電源を必要とします。
「プラグインパワー方式」とは、録音機からマイクロホンへ電源を供給する方式のことです。

「プラグイン方式」のマイクロホンを使用するときは録音機にも「プラグイン方式」の機能が必要です。
「プラグイン方式」の規格はメーカーによって異なり、互換性がありません。「プラグイン方式」の機能を使用するときは録音機とマイクロホンは同じメーカーのものをご使用ください。
マイクロホンの消費電力はとても少ないのでテープレコーダーやラジオカセットの電池持続時間にはほとんど影響ありません。





文書番号: S1110278002887
更新日: 2016/09/27