フェーズ/ピッチの手動調整はどのようなときに必要ですか?その方法は?| Q&Aページ | Q&A | コンピューターディスプレイ | サポート・お問い合わせ | ソニー
フェーズ/ピッチの手動調整はどのようなと... | Q&Aページ | Q&A | コンピューターディスプレイ | サポート・お問い合わせ | ソニー
display
ホーム
S1110278005724
1
SDM-HS75PB/T SDM-HS75PS/T SDM-HS95PB/C SDM-HS95PB/K
display
> Q&A
Q

フェーズ/ピッチの手動調整はどのようなときに必要ですか?その方法は?

A

文字が画像が鮮明でないときに、手動でフェーズ/ピッチを調整します。
HD15入力端子(アナログRGB)につないでいるときに、調整できます。

手順は、以下のとおりです。

1.解像度をコンピューター側で、1280×1024に設定する。
2.本機付属のCD-ROMを入れる。
3.CD-ROMを起動して、地域とモデルを選んで、テストパターンを表示する。
 Windowsの場合
[Utility]→[Windows]/[Win Utility.exe]の順にマウスでクリックする。
 Machintoshの場合
[Utility]→[Mac]/[Mac Utility.exe]の順にマウスでクリックする。
4.MENUボタンを押す。 
 メニュー画面が出ます。
5.↓/↑ボタンを押して、「画調整」を選び、OKボタンを押す。
 画調整メニューが出ます。
6.↓/↑ボタンを押して、「フェーズ」を選び、OKボタンを押す。
 フェーズ調整画面が出ます。
7.↓/↑ボタンで、横縞が最小になるように調整する。 
 テストパターンの横縞が最小になるように調整します。
 フェーズの調整
8.OKボタンを押す。
メニュー画面に戻ります。
画面全体にまだ縦縞が見られるときは、続いてピッチ調整を行います。
9.↓/↑ボタンを押して、「ピッチ」を選び、OKボタンを押す。
ピッチ調整画面が出ます。
10.↓/↑ボタンで、縦縞がなくなるように調整します。
テストパターンの大きな縦縞がなくなるように調整します。
ピッチの調整
11.画面上の「END」をマウスでクリックして、テストパターンを消す。







文書番号: S1110278005724
更新日: 2016/09/27