会議や講演会等を上手に録音するポイントを教えてください。(ICD-ST40)| Q&Aページ | Q&A | ICレコーダー/集音器 | サポート・お問い合わせ | ソニー
会議や講演会等を上手に録音するポイントを... | Q&Aページ | Q&A | ICレコーダー/集音器 | サポート・お問い合わせ | ソニー
ic-recorder
sidemenu_sm1
ICレコーダー/集音器 サポートトップ
S1110278011798
1
ICD-ST40
ic-recorder
> Q&A
Q

会議や講演会等を上手に録音するポイントを教えてください。

A
始めに、会議の規模に応じて、ICレコーダーのマイク感度を設定します。広い会議室での録音など、遠くの音や小さい音を録音する場合は「H」に、また、少人数での会議などを録音する場合は、「M」に設定します。
続いて、録音モードを設定します。大勢の声を同時に録音したい場合は「STモード」(*1)に、また、特定の方向の音を録音する場合は、「SPモード」に設定して指向性スイッチを「入」にします。
マイクは音源に向け、音源からの距離は内蔵マイクをご使用の場合は3~4m以内とします。

<ヒント>
設定の方法は、製品同梱の取扱説明書をご覧ください。
全体の会議内容を録音する場合は、会議場のテーブル中央にICレコーダーを置き、テーブルから伝わる音を防止するためクッションなどを下に敷くと雑音が少なくなります。

*1:状況に応じて設定してください。なお、STモードでは指向性スイッチの入/切に関わらず、全指向でステレオ録音されます。



文書番号: S1110278011798
更新日: 2016/09/27