TA-DR1とTA-DR1aの違いは?| Q&Aページ | Q&A | コンポーネントオーディオ | サポート・お問い合わせ | ソニー
TA-DR1とTA-DR1aの違いは?| Q&Aページ | Q&A | コンポーネントオーディオ | サポート・お問い合わせ | ソニー
audio
sidemenu_sm1
コンポーネントオーディオ サポートトップ
S1110278016633
1
TA-DR1A
audio
> Q&A
Q

TA-DR1とTA-DR1aの違いは?

A

TA-DR1とTA-DR1aの違いは、以下のとおりです。

「ハイスピード・パワーMOS-FET」の更なる高速化
 最終音質の決定に最も重要な役 割を持つ部分です。
出力抵抗やスイッチング速度が飛躍的に向上することにより、スピーカーの駆動力が向上します。
  
「ボリューム微調整リモコン」の付属
 本体のボリュームノブは動かさず、 パルスハイトボリュームを直接電子的に操作する方法を採用しました。
音量の微増減(±6dB)と、減音(-20dB)ができます。
また、SCD-DR1の主な操作も行えます。
  
i.LINKが「H.A.T.S.」に対応
 SCD-DR1と組み合わせた際に有効です。
ジッターを低減し、音質の向上に効果的です。背面には、そのON/OFFスイッチもあります。
  
外部クロックにも対応
外部クロックでジッターを制御したいお客様の声に、応えました。
BNC端子を搭載
様々な高級機器への接続にも、柔軟に対応します。





文書番号: S1110278016633
更新日: 2016/09/27