AVマウス録画をするために、ブラビアで必要な設定を教えてください| Q&Aページ | Q&A | テレビ ブラビア/“ベガ” | サポート・お問い合わせ | ソニー
AVマウス録画をするために、ブラビアで必... | Q&Aページ | Q&A | テレビ ブラビア/“ベガ” | サポート・お問い合わせ | ソニー
lcd-tv
sidemenu_sm4
テレビ ブラビア/“ベガ” サポートトップ
S1110278027435
1
KDL-16M1 KDL-20J1 KDL-20M1 KDL-26J1 KDL-32F1 KDL-32J1 KDL-32JE1 KDL-40F1 KDL-40V1 KDL-40V3000 KDL-40V5000 KDL-40W1 KDL-40W5000 KDL-40X1 KDL-40X5000 KDL-40X5050 KDL-40ZX1 KDL-46F1 KDL-46V1 KDL-46V3000 KDL-46V5000 KDL-46W1 KDL-46W5000 KDL-46X1 KDL-46X5000 KDL-46X5050 KDL-46XR1 KDL-52V1 KDL-52V5000 KDL-52W5000 KDL-52X1 KDL-52X5000 KDL-52X5050 KDL-55XR1 KDL-70X7000
tv
> Q&A
Q

AVマウス録画をするために、ブラビアで必要な設定を教えてください。

A

AVマウス録画をする方法は?バナー

AVマウス録画をおこなうと、ブラビアで受信したデジタル放送の映像を、接続した録画機器に録画することができます。

ただし、録画機器側がデジタル放送を受信できる ( 例 : デジタルチューナーが搭載されている、またはデジタルチューナーと直接接続しており、ブラビアのチューナーを経由する必要がない) 場合は、シンクロ録画ではなく 録画機器側の録画機能をご利用ください

ブラビアでAVマウス録画をするための接続と設定方法に関しては、以下をご覧ください。



ご注意
  • F1/V1/JE1/J1/M1/V3000シリーズには、AVマウスは付属されていません。
    AVマウス 「 VM-50 」 について詳しくは、こちら をご覧ください。
  • シンクロ録画に対応している録画機器では、AVマウスを使用せずに録画することができます。
    シンクロ録画の接続と設定については、こちらのQ&A をご覧ください。
  • 地上アナログ放送では、本機の録画機能 (シンクロ録画、AVマウス録画、いますぐ録画、ネットワーク録画、[見て録] からの録画) は利用できません。


ちょっと一言
  • AVマウス録画は、録画開始、終了などの指示を、AVマウスを通して録画機器に伝えます。
 1. ブラビアと録画機器を映像 (S映像) ケーブルで接続する

映像・音声信号を録画機器に送るため、ブラビアの 出力端子 (デジタル放送/ビデオ出力) から録画機器の 入力端子 へ接続します。

映像ケーブル 黄色いプラグ または S映像ケーブル 端子が太く丸いプラグ で接続します。

※ ここでは例として、V5000 シリーズの本体後面イラストを用いて解説します。
機種によって、出力端子の位置が異なる場合があります。
(詳しくは、本機の取扱説明書 「 各部の名前 」 の 「 接続端子 」 をご覧ください)

※ ZX1 シリーズでは、ワイヤレスメディアレシーバー (メディアレシーバーユニット) 部の後面に接続します。

  • 映像ケーブルでつなぐ

    接続イメージ

  • S映像ケーブルでつなぐ

    接続イメージ


ご注意
  • 映像 (S映像) ケーブルはブラビアに付属していません。
  • S映像端子を使う場合は、映像端子 黄色いプラグ (黄色いケーブル) は外してご利用ください。


ちょっと一言
  • 接続方法に関しては、接続ガイド もあわせてご参照ください。

引き続き以下の 「 2. ブラビアにAVマウスを接続する 」 をご覧ください。

 2. ブラビアにAVマウスを接続する

AVマウスの接続と設置をおこないます。

※ ここでは例として、V5000 シリーズの本体後面イラストを用いて解説します。
機種によって、出力端子の位置が異なる場合があります。
(詳しくは、本機の取扱説明書 「 各部の名前 」 の 「 接続端子 」 をご覧ください)

※ ZX1 シリーズでは、ワイヤレスメディアレシーバー (メディアレシーバーユニット) 部の後面に接続します。

  1. AVマウスをブラビア後面のAVマウス端子に接続します。


  • AVマウスの取り付け予定位置を決めます。
    録画機器のリモコン受光部位置を確認し、受光部の真上にAVマウスを置きます。



    ご注意
    • AVマウス用の両面シールは、この段階ではまだ貼らないでください。
    • 取り付け位置によっては、録画機器が動作しにくい場合があります。
      できるだけ受光部に近い位置に取り付けてください。

  • 録画機器の電源を切っておきます。
    引き続き以下の 「 3. ブラビアの [録画方法] を [AVマウス] に設定する 」 をご覧ください。
 3. ブラビアの [録画方法] を [AVマウス] に設定する

※ ここでは例として、V5000 シリーズの画面およびリモコン画像を用いて解説します。
機種によって、画面やボタンの位置・形状が異なる場合があります。

  1. リモコンの「ホーム」を押します。

  2. リモコンの↑↓←→ボタンで [設定] - [録画予約設定] を選び、「決定」ボタンを押します。



  3. リモコンの↑↓ボタンで [録画方法] を選び、「決定」ボタンを押します。



  4. リモコンの↑↓ボタンで [AVマウス] を選び、「決定」ボタンを押します。



  5. リモコンの↑↓ボタンで [AVマウス設定] を選び、「決定」ボタンを押します。



  6. リモコンの↑↓←→ボタンと「決定」ボタンで、各項目を設定します。



    AVマウスの設定項目
    選ぶ項目 項目説明
    メーカー 録画機器のメーカー名を一覧から選びます。
    機器 録画機器の種類を一覧から選びます。選べる録画機器の種類はメーカーによって異 なります。
    リモコンコード [1] ~ [11] から選びます。リモコンコードはメーカーと録画機器によって選べる数が異なります。 [電源オン/オフ] がうまくいかなかったときは、ほかのリモコンコードを選んでください。
    ライン入力 ブラビアと映像ケーブルでつないだ録画機器の入力を選びます。
    録画機器の入力が複数ある場合でも、録画開始時にここで選んだ入力に自動的に切り換わります。
    メーカーと録画機器によってはライン入力は設定できません。
    電源オン/オフ AVマウスが正しく設置、設定されていれば、録画機器の電源が入/切します。
  7. AVマウスを使い、録画機器を操作できるようになったか動作確認をします。

    リモコンの↑↓ボタンで、 [電源オン/オフ] を選び、「決定」ボタンを押し、 接続した録画機器の電源オン/オフが切り換わるか確認してください。



    録画機器の 電源オン/オフ が切り換わらないときは、AVマウスの接続と設置位置、および [AVマウス設定] の各設定が正しいかご確認ください。

    ※ なお、メーカーによっては、ブラビアで操作できないリモコン信号が採用されており、AVマウスを使えない場合があります。

  8. リモコンの「戻る」を押し、[AVマウスの設定を保存しますか?] と表示されたら [はい] を選び、「決定」を押します。

    ご注意
    • 動作確認に成功しても、リモコンの受信感度の低い録画機器ではAVマウスでの録画予約がうまくいかないことがあります。 その場合、AVマウスの取り付け位置を調整してください。


引き続き以下の 「 4. AVマウスを録画機器に固定する 」 をご覧ください。

 4. AVマウスを録画機器に固定する

AVマウスを固定します。

  1. AVマウスに付属されているシールの片面をはがし、AVマウスに貼ります。



  2. 裏面のシールをはがします。



  3. 「 2. 〈ブラビア〉にAVマウスを接続する 」 で決めた取り付け予定位置にAVマウスを固定します。



ちょっと一言
  • 実際に録画するには、以下のいずれかをおこないます。
    • 見ている番組をすぐ録画する [いますぐ録画]
      (X7000/X5050/X5000/W5000/V5000/V3000 シリーズのみ)
    • 番組表から録画予約する
    • 日時を指定して録画予約する [日時指定録画予約]

    各操作手順について詳しくは、取扱説明書の 「 つないだ録画機器で番組を録画する / 予約する 」 をご覧ください。



ご注意
  • あらかじめ、録画機器に正しく録画されるかどうか試すことをおすすめします。
  • 録画予約中および録画を実行してるときは、ブラビアの電源を 「 切 」 (本体の電源スイッチを押して電源を切った状態) にしないでください
  • 録画を実行してるときは、録画機器側での操作はしないでください。



文書番号: S1110278027435
更新日: 2016/09/27