『音質』メニューの『音声入力選択』は、何のためにありますか。| Q&Aページ | Q&A | サポート・お問い合わせ | ソニー
『音質』メニューの『音声入力選択』は、何... | Q&Aページ | Q&A | サポート・お問い合わせ | ソニー
professional
Q&A検索
S1110278028374
1
FWD-32LX2F FWD-40LX2F KLH-40X1
professional
> Q&A
Q

『音質』メニューの『音声入力選択』は、何のためにありますか。

A

『音質』メニューの『音声入力選択』は、COMMON AUDIO IN端子に入力された音声を、HD15端子(ミニD-SUB15ピン:RGB/COMPONENT IN)選択時に有効とするのか、それともHDMI1端子かHDMI2端子選択時に有効とするのかを切り替えるためにあります。

これは、DVI-D端子からHDMI端子に変換して映像を入力する場合は、DVI-D端子には音声信号が含まれていないために音声が入力されなくなるのを回避するための機能です。

DVI-D端子のある機器からのアナログ音声をCOMMON AUDIO IN端子に接続し、『音質』メニューの『音声入力選択』を『HDMI1』もしくは『HDMI2』を有効とすることで、DVI-D端子接続の際の音声入力を可能としています。

よって、通常のHDMI端子からの入力の場合は、『音声入力選択』を『HD15』(デフォルト設定)に設定する必要があります。

ご注意
ファインダーを見続けると違和感を覚えることがあります。
数時間、眼を休ませたあとに再び確認しても正常に見えないときは、双眼鏡本体が変形、破損の可能性も考えられます。



文書番号: S1110278028374
更新日: 2016/09/27