アナログとネットワークカメラのハイブリッド構成ができるメリットは何ですか?| Q&Aページ | Q&A | サポート・お問い合わせ | ソニー
アナログとネットワークカメラのハイブリッ... | Q&Aページ | Q&A | サポート・お問い合わせ | ソニー
professional
Q&A検索
S1110278031091
1
IMZ-NS104 IMZ-NS109 IMZ-NS116 IMZ-NS132 NSR-1050H NSR-1050H/01 NSR-1100 NSR-1100/02 NSR-1200 NSR-1200/04 NSR-500/00 NSR-500/02 NSR-500/04 NSR-S10/00 NSR-S10/01 NSR-S20/00 NSR-S20/02
professional
> Q&A
Q

アナログとネットワークカメラのハイブリッド構成ができるメリットは何ですか?

A

以下のメリットがあります。

(1) 従来のアナログカメラからのスムーズな移行が可能
既存のアナログカメラをそのまま残してレコーダーのみを入れ替えることが可能です。
その後のカメラの追加・入換えの際は、高解像度なネットワークカメラをお選び頂けるという将来性があります。
既存の設備をうまく活用した無駄の無い設備更新が可能となります。
(2) 部分的に高解像度化を図ることが可能
従来のVGA(640×480)程度の解像度のアナログ監視カメラ設備に高解像度のネットワークカメラを追加することで、 入り口部分などの人の顔やナンバープレートなどを高解像度ではっきり映せるようになります。
現在の設備に対し、高機能化によるセキュリティ対策の強化が可能となります。



文書番号: S1110278031091
更新日: 2016/09/27