録音した用件をパソコンへ保存する手順を教えてください。(ICD-UX200、ICD-UX300F、ICD-UX400F)| Q&Aページ | Q&A | ICレコーダー/ラジオレコーダー | サポート・お問い合わせ | ソニー
録音した用件をパソコンへ保存する手順を教... | Q&Aページ | Q&A | ICレコーダー/ラジオレコーダー | サポート・お問い合わせ | ソニー
ic-recorder
sidemenu_sm1
ICレコーダー/ラジオレコーダー サポートトップ
S1110278033670
1
ICD-UX200 ICD-UX300F ICD-UX400F
ic-recorder
> Q&A
Q

録音した用件をパソコンへ保存する手順を教えてください。

A

本機で録音した用件をパソコンへ保存するには、以下をご覧ください。
■ 本機をパソコンに接続する
  1. 本機に電池が挿入されていることを確認します。
    次に、本機のUSBキャップをはずし、パソコンのUSB端子に接続します。
    パソコンのUSB端子へ
    ヒント
    • 本機がパソコンのUSB端子に直接接続できない場合は、付属のUSB接続補助ケーブルをお使いください。
      USB接続補助ケーブル
  2. 本機がパソコンに認識されたことを確認してください。
    本機をパソコンに接続すると、以下のように表示されます。
    • 本機表示窓に「接続中」と表示されます。
    • Windows XP をお使いの場合、[マイコンピュータ] に、[IC RECORDER] ドライブとして認識されます*1
    • Windows Vista をお使いの場合、[コンピュータ] に、[IC RECORDER] ドライブとして認識されます*1
    • Macintosh をお使いの場合、デスクトップに [IC RECORDER] という名前のドライブが表示されます*1
    *1 本機をパソコンに接続しても認識されない場合は、こちらのQ&A をご覧ください。
■ 本機で録音した用件をパソコンへコピーする
  1. [ IC RECORDER ] ドライプを選択し、[VOICE] フォルダを開きます。
    • Windows XP をお使いの場合、[スタート] - [マイコンピュータ] から [IC RECORDER] をダブルクリックし、[VOICE] フォルダを開きます。
    • Windows Vista をお使いの場合、[スタート] - [コンピュータ] から [IC RECORDER] をダブルクリックし、[VOICE] フォルダを開きます。
    • Macintosh をお使いの場合、デスクトップから [IC RECORDER] をダブルクリックし、[VOICE] フォルダを開きます。
  2. [VOICE] フォルダ内から、録音した用件が入っているフォルダ*2を確認します。
    *2 初期設定では、[FOLDER01] ~ [FOLDER05] の5つのフォルダが作成されています。
  3. パソコン側で、本機で録音された用件を保存したいフォルダを開きます。
  4. 「 手順2 」 で開いたフォルダの中からパソコンに保存する用件を選択し、「 手順3 」 で開いたフォルダ内にドラッグアンドドロップで移動します。
    ドラッグアンドドロップの例
■ パソコンで本機の用件を削除する

パソコンにコピーした用件が本機側では不要な場合、本機に録音された用件をパソコン側で削除することができます。

  1. 本機側のフォルダの中から、削除するファイルまたはフォルダを確認します。
  2. 削除するファイルまたはフォルダを右クリックし、[削除] を選択します。
■ 本機をパソコンから取りはずす

必ず下記の手順で取りはずしてください。この手順でおこなわないと、データが破損するおそれがあります。

  1. 「 ■ 本機で録音した用件をパソコンへコピーする 」 内の 「 手順2 」 で開いた、本機側のフォルダを閉じます。
  2. 本機の録/再ランプが点滅していないことを確認します。
    録/再ランプ
  3. 画面右下、タスクバーにある [ハードウェアの安全な取り外し] を左クリックします。
    ハードウェアの安全な取り外し
    ※ [ハードウェアの安全な取り外し] のアイコンが、画面右下のタスクバーに表示されない場合は、パソコンメーカーにお問いあわせください。
  4. [USB大容量記憶装置デバイス] を選びクリックしてください。
    • Windows XP の場合
      USB大容量記憶装置デバイス (XP)
      ※ ここでは例として、「 ドライブ (E:) 」 としていますが、( ) 内は使用環境により異なります。
    • Windows Vista の場合
      USB大容量記憶装置デバイス (Vista)
      ※ ここでは例として、「 ドライブ (E:) 」 としていますが、( ) 内は使用環境により異なります。
  5. しばらくすると、「 'USB 大容量記憶装置デバイス' は安全に取り外すことができます。 」 と表示されるので、本機をパソコンのUSB端子から取りはずします。
    • Windows XP の場合
      'USB 大容量記憶装置デバイス' は安全に取り外すことができます。 (XP)
    • Windows Vista の場合
      'USB 大容量記憶装置デバイス' は安全に取り外すことができます。 (Vista)
※ Macintoshの場合は、デスクトップの [IC RECORDER] のアイコンをドラッグして、[ゴミ箱] アイコンの上にドロップしてください。





文書番号: S1110278033670
更新日: 2016/09/27