本機でメモリーカードを使うときの注意点は何ですか? (PCM-M10)| Q&Aページ | Q&A | ICレコーダー/集音器 | サポート・お問い合わせ | ソニー
本機でメモリーカードを使うときの注意点は... | Q&Aページ | Q&A | ICレコーダー/集音器 | サポート・お問い合わせ | ソニー
ic-recorder
sidemenu_sm1
ICレコーダー/集音器 サポートトップ
S1110278033757
1
PCM-M10
ic-recorder
> Q&A
Q

本機でメモリーカードを使うときの注意点は何ですか?

A

本機でメモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) を使うの場合は、以下の点にご注意ください。

メモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) は、小さいお子様の手の届くところに置かないようにしてください。誤って飲み込む恐れがあります。

下図の向きで、メモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) をメモリーカードスロットに、カチッと音がする奥までしっかり差し込み、カバーを閉めてください。

メモリーカード

録音/再生中は、メモリーカードを抜き差ししないでください。故障の原因となります。

表示窓に「アクセス中...」と表示されている間や、アクセスランプがオレンジに点滅している間はメモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) を取り出さないでください。データが破損する恐れがあります。

メモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) が認識されない場合はメモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) を取り出し、再度入れ直してください。

必ず本機でフォーマットしたメモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) をお使いください。
 Windowsなどでメモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) を初期化すると、本機で扱えないメディアとなる場合があります。
 すでにデータが書き込まれているメモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) をフォーマットすると、保存されているデータは消去されます。
 大切なデータは、事前に保存してからフォーマットしてください。

メモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) に録音する音声を保存する場合は、本機メニューの [ メモリー ] より [ メモリーカード ] を選択してください。
  本機メニューの [ メモリー ] で [ 内蔵メモリー ] が選択されている場合は、内蔵メモリーに録音されます。メモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) を差しただけでは、録音する音声の保存先はメモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) へ切り替わりません。

対応仕様のメモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) でも、すべての動作を保証するものではありません。

メモリースティック マイクロ <M2> については、ソニー製メモリースティック マイクロ <M2> のみ動作確認済みです。メモリースティック マイクロ <M2> の対応表については、 こちらのページ をご覧ください。ソニー製以外のメモリースティック マイクロ <M2> 使用した場合、不具合が発生する可能性があります。

本機は、MagicGateによるデータ録音、再生には対応していません。

本機はパラレルデータ転送には対応していません。

ROMタイプのメモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) 、誤消去防書込み禁止のメモリーカード (メモリースティック マイクロ <M2> または microSD カード) は、再生のみで、録音や編集はできません。

SonicStageによって、すべての“メモリースティック”にグループが作られますが、本機器はSonicStageに対応していないので、グループ機能をご使用になれません。

端子部には手や金属などを触れないでください。

強い衝撃を与えたり、曲げたり、落としたりしないでください。
分解したり、改造したりしないでください。

水にぬらさないでください。

以下のような場所でのご使用はしないでください。
    - 使用条件範囲以外の場所(炎天下や夏場の窓を閉め切った車の中、直射日光のあたる場所、熱器具の近くなど)
    - 湿気の多い場所や腐食性のものがある場所

ご使用の際は正しい挿入方向をご確認ください。

以下の場合、データが破壊されることがあります。
    - 読み込み中、書き込み中にメモリーカードを取り出したり、機器の電源を切った場合
    - 静電気や電気的ノイズの影響を受ける場所で使用した場合


    



文書番号: S1110278033757
更新日: 2016/09/27