電池持続時間を教えてください (“ウォークマン”NW-A860シリーズ)。| Q&Aページ | Q&A | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン | サポート・お問い合わせ | ソニー
電池持続時間を教えてください (“ウォー... | Q&Aページ | Q&A | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン | サポート・お問い合わせ | ソニー
walkman
sidemenu_sm2
ポータブルオーディオプレーヤー ウォークマン® サポートトップ
S1110278037914
1
NW-A865 NW-A866 NW-A867
walkman
> Q&A
Q

電池持続時間を教えてください (“ウォークマン”NW-A860シリーズ)。

A
電池持続時間について
   電池持続時間 (連続再生)の目安は下の表をご覧ください。
   電池持続時間(連続再生)は、電池残量表示がFULLになるまで充電し、付属のヘッドホンを使用して再生を開始してから、電池残量表示が消灯して再生が停止するまでの連続再生時間です。
電池持続時間は、ウォークマンの設定、音量、画面表示の頻度や周囲の温度によってかわりますので、数字は目安とお考えください。

電池残量表示について
   電池残量表示は目安です。1つの目盛りが4分の1を示しているわけではありません。
   「いたわり充電」が「オン」の場合、電池残量表示がFULLになるまで充電しても、最初のひと目盛りが消えるまでの時間は短くなります。
電池残量が少なくなると電池残量表示が点滅します。電池残量表示が点滅してからも、しばらくの間ご使用になれます。
電池の残量が完全になくなると電池残量表示が消灯し再生を停止します。
電池残量表示の点滅が充電をする目安です。

通常使用における電池持続時間について
   連続再生に比べ電池持続時間は短くなります。
   再生停止の時間が長い通常使用では、停止中(再生待機状態*1)でももわずかに電池を消耗しているため、連続再生に比べ電池持続時間は短くなります。
 
   *1 再生待機状態とは
   「HOME」ボタンを長押して、「POWER OFF」と表示されたあとの画面表示が消えた状態です。再生停止後約10分間操作がない場合も、再生待機状態になります。このときいずれかのボタンを押すと、画面が表示されます。
再生待機状態のまま最長で24時間経過すると、自動的に電源が切れ、電池の消耗は最小になります。手動でこの状態にすることはできません。このときいずれかのボタンを押すと、画面に"ウォークマン"ロゴが表示されたあとにホームメニューが表示されます。

<電池持続時間 (連続再生時) *2>
音楽
ノイズキャンセル オン時
ノイズキャンセル オフ時
Bluetooth機能 オン時
MP3 128kbps再生時約20時間約23時間約8時間
AAC 128kbps再生時約19時間約22時間約8時間
HE-AAC 48kbps再生時約18時間約21時間約8時間
ATRAC 128kbps再生時約17時間約19時間約7時間
ATRAC Advanced Lossless
64kbps再生時
約17時間約19時間約7時間
WMA 128kbps再生時約20時間約23時間約8時間
リニアPCM 1,411kbps再生時約20時間約23時間約8時間
ビデオ
ノイズキャンセル オン時
ノイズキャンセル オフ時
Bluetooth機能 オン時
MPEG-4 384kbps再生時約4.5時間約5時間約3時間
AVC Baseline 384kbps再生時約4.5時間約5時間約3時間
WMV 384kbps再生時約4.5時間約5時間約3時間
FMラジオ
ノイズキャンセル オン時
ノイズキャンセル オフ時
 
FMラジオ放送受信時約12時間約13時間
ダイレクト録音
ATRAC 128kbpsで録音時約5時間
*2 画面オフタイマーを 「30秒」 に、輝度設定を 「3」 に、いたわり充電、イコライザ、VPT (サラウンド)、DSEE (高音域補完)、クリアステレオ、ダイナミックノーマライザ、カラオケ・語学学習モード、DPC (スピードコントロール)、テレビ出力 (ミュージック)、テレビ出力 (ビデオ) を 「オフ」 に、ワイヤレス再生品質を 「接続優先」 に設定しているときの目安です。

「画面オフタイマー」を「オフ」に設定している場合、「30秒」の場合と比較して、約80%電池持続時間が短くなります。
「輝度設定」を「5」に設定している場合、「3」の場合と比較して、約45%電池持続時間が短くなります。
「いたわり充電」を「オン」に設定している場合、「オフ」の場合と比較して、約10%電池持続時間が短くなります。
「イコライザ」を「オフ」以外、「VPT(サラウンド)」を「オフ」以外、 「DSEE(高音域補完)」を「オン」、「クリアステレオ」を「オン」、「ダイナミックノーマライザ」を「オン」に設定している場合、すべて「オフ」の場合と比較して、約50%電池持続時間が短くなります。
「カラオケ・語学学習モード」を「カラオケ(効果強)」または「カラオケ(効果弱)」に設定している場合、「オフ」の場合と比較して、約85%電池持続時間が短くなります。
「DPC(スピードコントロール)」を「x2.0」に設定している場合、「オフ」の場合と比較して、約70%電池持続時間が短くなります。
「テレビ出力(ミュージック)」を「オン」に設定し、テレビなどで画面を表示し続けた場合、「オフ」の場合と比較して、約90%電池持続時間が短くなります。
「テレビ出力(ビデオ)を「オン」に設定し、テレビなどで画面を表示し続けた場合、「オフ」の場合と比較して、約55%電池持続時間が短くなります。
「ワイヤレス再生品質」を「音質優先」に設定している場合、「接続優先」の場合と比較して、約20%電池持続時間が短くなります。

電子情報技術産業協会 (JEITA) の測定方法に基づいています。




文書番号: S1110278037914
更新日: 2016/09/27