メモリーカードが正常に認識されず撮影を開始できない(アクションカム)| Q&Aページ | Q&A | デジタルビデオカメラ アクションカム | サポート・お問い合わせ | ソニー
メモリーカードが正常に認識されず撮影を開... | Q&Aページ | Q&A | デジタルビデオカメラ アクションカム | サポート・お問い合わせ | ソニー
actioncam
sidemenu_sm1
デジタルビデオカメラ アクションカム サポートトップ
S1210019005308
1
FDR-X1000V FDR-X1000VR FDR-X3000 FDR-X3000R HDR-AS100V HDR-AS100VR HDR-AS15 HDR-AS200V HDR-AS200VR HDR-AS300 HDR-AS300R HDR-AS30V HDR-AS30VR HDR-AS50 HDR-AS50R HDR-AZ1 HDR-AZ1VR
actioncam
> Q&A
Q

メモリーカードが正常に認識されず撮影を開始できない(アクションカム)

 
A

メモリーカードを挿入する向きが正しいかどうかをご確認ください。また、メモリーカードの端子に汚れがある場合はふき取ってから挿入しなおしてください。詳しくは以下をご確認ください

説明

メモリーカードが正常に認識されない場合は、以下のような原因が考えられます。

  • メモリーカードの挿入方向が間違っている。
  • ななめに挿入されている。
  • カメラでは使えないメモリーカードが入っている。
  • メモリーカードの端子が汚れている。
  • メモリーカードが壊れている。

内容

対処方法

使用できるメモリーカード、挿入する向きを確認する

使用できるメモリーカード、メモリーカードを挿入する向きについては、以下のページまたはヘルプガイドでご確認ください。

  • カードの中心付近を押すとまっすぐに挿入できます。
  • microSDメモリーカードとメモリースティック マイクロ™(Mark2)とでは挿入する向きが異なります。カードの裏表に注意して、「カチッ」というまで正しい向きでまっすぐに入れてください。

目次に戻る

メモリーカードの端子部分の汚れを拭き取る

カメラからメモリーカードを取り出し、メモリーカードの端子に汚れがある場合は乾いた布または綿棒などで端子部分の汚れを拭き取ってください。

  • 端子部には、手や金属で触れないようにご注意ください。
    メモリーカードを正しい向きでまっすぐに入れ直してください。

上記をご確認いただいても症状が改善しない場合はメモリーカードの異常という可能性もあります。複数のメモリーカードをお持ちであれば、別のメモリーカードを挿入して認識されるかどうかをご確認ください。

複数のメモリーカードで同じ症状が起きる場合はカメラの点検が必要です。お買い上げの販売店へご相談いただくか、こちらから修理をお申し込みください。

目次に戻る

HDR-AS100Vをお使いの場合

HDR-AS100VでXAVC Sで記録する設定の場合、液晶画面に「PRO」の文字が表示されます。この設定の場合はSDXCカードにしか記録できません。SDHCカードなどのXAVC S記録に対応していないカードを挿入すると「WAIT」の文字が点滅します。カメラの設定と挿入しているカードの種類をご確認ください。

  • XAVC Sを記録するときは、Class10以上のSDXCメモリーカードをお使いください。
  • 以下の操作でXAVC Sで記録する設定が解除され、MP4で記録する設定になります。

操作手順

  1. カメラの「NEXT」ボタンを押します。

  2. [SETUP]を選択し「ENTER」ボタンを押します。

  3. 「NEXT」ボタンを押して[SETUP]を選択し、「ENTER」ボタンを押します。

  4. 「NEXT」ボタンを押して[PRO]を選択し、「ENTER」ボタンを押します。

  5. 「NEXT」ボタンを押して[OFF]を選択し、「ENTER」ボタンを押します。

参考

初期設定では「PRO」はOFFになっています。SDHCカードなどのXAVC S記録に対応していないカードを挿入した状態で「PRO」をONにしようとすると「MEDIA」が点滅してONにできないようになっています。

目次に戻る




文書番号: S1210019005308
更新日: 2016/12/28