Wi-Fi機能を利用して無線LANアクセスポイントに接続できない(α:アルファ)| Q&Aページ | Q&A | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
Wi-Fi機能を利用して無線LANアクセ... | Q&Aページ | Q&A | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
ichigan
sidemenu_sm2
デジタル一眼カメラ α™(アルファ) サポートトップ
S1212059005958
1
ILCA-77M2 ILCA-99M2 ILCE-5000L ILCE-5000Y ILCE-5100 ILCE-5100L ILCE-5100Y ILCE-6000 ILCE-6000L ILCE-6000Y ILCE-6300 ILCE-6300L ILCE-6500 ILCE-7 ILCE-7K ILCE-7M2 ILCE-7M2K ILCE-7R ILCE-7RM2 ILCE-7S ILCE-7SM2 ILCE-9 NEX-5R NEX-5RL NEX-5RY NEX-5T NEX-5TL NEX-5TY NEX-6 NEX-6L NEX-6Y
ichigan
> Q&A
Q

Wi-Fi機能を利用して無線LANアクセスポイントに接続できない(α:アルファ)

A

以下の対処方法を確認して改善するかお試しください

内容

対処方法

無線LANの規格が対応しているか確認します。

無線LAN規格 IEEE 802.11b/g/nに対応しています。

  • IEEE 802.11a には対応していません。

目次に戻る

アクセスポイントの環境を確認します。
  • アクセスポイントの電源が入っていない場合は、電源を入れてください。

  • カメラとアクセスポイントの距離を近づけてください。

    • カメラとアクセスポイント間の障害物や電波状況、壁の材質など周囲の環境によって、通信可能距離が短くなることがあります。カメラの場所を移動するか、カメラとアクセスポイント間の距離を近づけてください。

改善しない場合 STEP 3 に進みます。

目次に戻る

カメラ側でアクセスポイントの設定方法を確認します。
  • [WPSプッシュボタン方式]の場合 STEP 4 に進みます。

  • [アクセスポイント手動登録]の場合 STEP 5 に進みます。

目次に戻る

登録方式を確認します。 (WPSプッシュボタン方式の場合)

アクセスポイントがWPSプッシュボタン方式に対応していることを確認します。

ご注意
  • WPSプッシュ機能を使用する場合、アクセスポイント側がWPSのプッシュボタン方式に対応している必要が有ります。

  • アクセスポイント側のセキュリティ方式がWEPに設定されていると、カメラのWPSプッシュ機能を使用できない場合が有ります。アクセスポイント側の設定をWPAもしくはWPA2に変更するか、またはカメラからアクセスポイント手動登録をおこなってください。

WPSプッシュボタン方式で登録できない場合は、手動登録をお試しください。

目次に戻る

登録方法を確認します。 (アクセスポイント手動登録の場合)
  • アクセスポイントのSSIDをリストから選択して登録 STEP6 に進みます。

  • アクセスポイントのSSIDを手動で入力して登録 STEP7 に進みます。

  • (WPS PINコード方式に対応している場合) カメラ側のPINコードをアクセスポイントへ登録

    • アクセスポイントのSSIDをリストから選択して登録、またはアクセスポイントのSSIDを手動で入力して登録してお試しください。

目次に戻る

入力内容を確認します。 (SSIDをリストから選択して登録の場合)
ご注意
  • アクセスポイント側で「SSIDステルス」または「SSID非通知」などの機能を有効にしていると、SSIDがネットワークの一覧に表示ない場合があります。SSIDを手動で入力して登録をお試しください。

  • リストから正しいSSIDを選択しているかを確認します。

  • パスワード (暗号キー) が正しいか確認します。

  • IPアドレスの設定を [オート] にしているか確認します。
    [マニュアル] を選択している場合は、以下の入力に誤りがないか確認をします。

    • IPアドレス

    • サブネットマスク

    • デフォルトゲートウェイ

改善しない場合 STEP 8 に進みます。

目次に戻る

入力内容を確認します。 (SSIDを手動で入力して登録の場合)
  • SSIDの入力に誤りがないか確認します。

  • 暗号化方式の選択 (WPA/WEP/なし) パスワード (暗号キー) が正しいか確認します。

  • IPアドレスの設定を [オート] にしているか確認します。
    [マニュアル] を選択している場合は、以下の入力に誤りがないか確認をします。

    • IPアドレス

    • サブネットマスク

    • デフォルトゲートウェイ

改善しない場合 STEP 8 に進みます。

目次に戻る

アクセスポイントの MAC アドレス制限を確認します。

MACアドレスによる接続制限を設定している場合、カメラの接続を許可するために、カメラのMACアドレスをアクセスポイント側に登録する必要があります。

  • MACアドレスは、以下の方法で確認ができます。
  • [MENU] → [セットアップ] または ワイヤレスアイコン(ワイヤレス) → [MACアドレス表示]

改善しない場合 STEP 9 に進みます。

目次に戻る

カメラとアクセスポイントの電源を入れなおします。
ご注意
  • 通常、アクセスポイントの電源を入れ直すことによりアクセスポイントの設定が消えることはありませんが、ほかの機器が接続できなかったり、再起動が必要になる場合があります。

大半のアクセスポイントは電源スイッチがないので、コンセントを抜いて再度差し込みをします。

改善しない場合 STEP 10 に進みます。

目次に戻る

アクセスポイントのファームウェアを最新の状態にします。

アクセスポイントに最新のファームウェアをインストールすることで改善する場合があります。

アクセスポイント製造元のWebサイトなどで、最新のファームウェアがあるか確認してください。

既に最新のファームウェアがインストールされている、またはファームウェアのアップデートをおこなっても改善しない場合 STEP 11 に進みます。

目次に戻る

上記をおこなっても改善しない場合

上記をおこなっても改善しない場合は、電話、またはメールでお問い合わせください。

目次に戻る



 
 



文書番号: S1212059005958
更新日: 2017/05/26