「家じゅうどこでも視聴」ができない(ビデオ(ムービー))| Q&Aページ | Q&A | ブルーレイディスク / DVDレコーダー | サポート・お問い合わせ | ソニー
「家じゅうどこでも視聴」ができない(ビデ... | Q&Aページ | Q&A | ブルーレイディスク / DVDレコーダー | サポート・お問い合わせ | ソニー
bd-recoder
sidemenu_sm1
ブルーレイディスク/DVDレコーダー サポートトップ
S1303280048582
1
BDZ-AT770T BDZ-AT950W BDZ-AT970T BDZ-AX2700T BDZ-E500 BDZ-E510/B BDZ-ET1000 BDZ-ET1100 BDZ-ET2000 BDZ-ET2100 BDZ-EW1000 BDZ-EW1100 BDZ-EW2000 BDZ-EW500 BDZ-EW510 BDZ-EX3000 BDZ-SKP75 KDL-32HX65R KDL-40HX65R KDL-46HX65R
bd
> Q&A
Q

「家じゅうどこでも視聴」ができない(ビデオ(ムービー))

Xperiaを使って、録画した番組や放送中の番組が見られない。

 
A

以下の対処方法をご覧ください。

内容

事前確認

「家じゅうどこでも視聴」対応のBDレコーダーか確認します

対応機種を間違えているケースがあります。
お使いの機種名をご確認ください。

  • BRAVIA HX65R シリーズをお使いの場合は、BDZ-AT950W として読み進めてください。

対応BDレコーダー:
2013年発売:BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510/E510*1
2012年発売:BDZ-EX3000/ET2000/ET1000/EW2000/EW1000/EW500/E500*1
2011年発売:BDZ-AX2700T/AT970T/AT950W/AT770T/SKP75
*1 BDZ-E510/E500は、放送中の番組の視聴(以下、ライブ視聴)に対応していません。

目次に戻る

「家じゅうどこでも視聴」の初期設定・操作手順をご覧になられていない方は

初期設定・操作手順を、下記のページよりご確認いただけます。

▼2013年発売のBDレコーダーをお使いの場合:
Xperia(スマートフォン)を使って、録画した番組や放送中の番組を見たい(ビデオ(ムービー) / Connected devices)
http://www.sony.jp/support/bd/manual/2013/net/xperiaphone.html

▼2012年/2011年発売のBDレコーダー / BRAVIA HX65Rシリーズをお使いの場合:
Xperia(スマートフォン)を使って、録画した番組や放送中の番組を見たい(ビデオ(ムービー) / Connected devices)
http://www.sony.jp/support/bd/manual/2012/net/xperiaphone.html

目次に戻る

 

対処方法

アプリ上に表示されるエラーメッセージの対処方法

 

目次に戻る

Xperiaとルーターのネットワーク状況を確認します

※お使いの機種やバージョンによって、実際の画面と異なることがあります。

Xperiaを、[設定]>[Wi-Fi]の順でタップしてください。
接続したい無線LANルーターのSSID(ネットワーク名または電波名)の下に
「接続されました」と表示されている場合は、正常に接続できています。【STEP2】 からお試しください。

接続されました


接続したい無線LANルーターのSSIDの下に
「IPアドレスを取得中...」や「認証中...」のまま接続されない場合は、正常に接続できていません。
以下の手順を順にお試しください。

※お使いの機種やバージョンによって、実際の画面と異なることがあります。

IPアドレスを取得中 認証中

Xperiaを再起動します

操作手順

  1. 本体の電源ボタンを長押しします。

  2. [電源を切る]をタップします。

  3. 電源が切れたら、再び電源ボタンを長押しし、電源を入れてください。

  4. アプリの一覧から[設定]をタップします。

  5. [Wi-Fi]をタップします。

  6. 接続したいSSIDの下に
    「接続されました」と表示されたら正常に接続できています。

改善しない場合は、引き続き以下の手順をお試しください。

目次に戻る

暗号化キーを再入力します

操作手順

  1. アプリの一覧から[設定]をタップします。

  2. [Wi-Fi]をタップします。

  3. 接続したいSSIDを長押しします。
    ※ SSIDやパスワード(セキュリティキーまたは暗号化キー)がわからないときは、無線LANルーターのメーカーにお問い合わせください。

  4. [ネットワークを変更]をタップします。

  5. 接続したいSSIDの暗号化キーを入力し、[保存]をタップします。

  6. 接続したいSSIDの下に「接続されました」
    と表示されたら正常に接続できています。

改善しない場合は、引き続き 【STEP3】 をお試しください。

目次に戻る

Xperiaを再起動します

※ 【STEP2】でXperiaを再起動済みの場合は、【STEP4】 をお試しください。

Xperiaが正常に動作していない場合は、「家じゅうどこでも視聴」ができません。
そのため、Xperiaを再起動をすることで、症状が改善する可能性があります。

操作手順

  1. 本体の電源ボタンを長押しします。

  2. [電源を切る]をタップします。

  3. 電源が切れたら、再び電源ボタンを長押しし、電源を入れます。

  4. 「家じゅうどこでも視聴」ができるかご確認ください。

 

目次に戻る

BDレコーダーの状況を確認します
スタンバイモードの設定を確認をする

BDレコーダーの電源が「切」の状態でも、「ビデオ(ムービー)」アプリからBDレコーダーの サーバー機能を起動する(Wake on LAN )ことで「ワイヤレスおでかけ転送」を利用できます。
しかし、スタンバイモードを「低消費待機」に設定している場合は、Wake on LAN が動作しません。
以下の手順を参考に、スタンバイモードを「標準」または「瞬間起動」に設定してください。

操作手順

  1. リモコンの《ホーム》ボタンを押します。

  2. ホーム画面の一番左側にある[設定]から[本体設定]を選び、《決定》ボタンを押します。

  3. [スタンバイモード]選びます。[スタンバイモード]を[低消費待機]に設定している場合は《決定》ボタンを押します。

  4. [標準]または[瞬間起動]選び、《決定》ボタンを押します。

目次に戻る

BDレコーダーが最新のソフトウェアバージョンか確認します

BDZ-EW2000/EW1000/EW500/E500 をお使いの場合

ソフトウェアバージョンを末尾「009」以上にアップデートする必要があります。
ソフトウェアバージョンの上2桁が「27.xx.xxx」以外の機種については、最新の状態にアップデートしてください。
(BDZ-EW1000/EW500/E500 につきまして、ソフトウェアバージョン Ver.27.xx.xxx の製品はアップデートの必要はございません。)

それ以外の対応機種をお使いの場合

ソフトウェアバージョンを最新にすることで改善する可能性があります。
ソフトウェアバージョンを確認し、最新でない場合はアップデートしてください。

▼詳細Q&A:
本体ソフトウェアバージョンを確認する(アップデート)
※ 現在のソフトウェアバージョンを確認する操作方法や、最新のソフトウェアバージョンを確認できます。

目次に戻る

リセット(再起動)します

本体が一時的に不安定になり、操作できなくなっている可能性があります。
▼詳細Q&A:
本体をリセット(再起動)したい

目次に戻る

ネットワーク設定を再設定します

目次に戻る

[ホームサーバー設定]の再設定をする

[サーバー機能]の「入」/「切」を切り替えたり、[登録機器一覧]/[未登録機器一覧]のXperiaを再登録することで、改善する可能性があります。
※ ここでは2013年発売のBDZ-ET2100を例に説明します。説明中にある[外出先視聴]は、2012年以前に発売のBDレコーダーでは表示されません。

[サーバー機能]の「入」/「切」を切り替える

操作手順

  • [サーバー機能]が「入」の場合は、「入」 → 「切」 → 「入」の順で切り替えてください。
  • [サーバー機能]が「切」の場合は、「入」への切り替えのみおこなってください。
  1. リモコンの《ホーム》ボタンを押します。

  2. ホーム画面の一番左側にある[設定]から[通信設定]を選び、《決定》ボタンを押します。

  3. [ホームサーバー設定]を選び、《決定》ボタンを押します。

  4. [サーバー機能]が「入」の場合
    [サーバー機能]を選び、《決定》ボタンを押します。引き続き  「5.「切」を選び、《決定》ボタンを押します。」  をお試しください。
    [サーバー機能]が「切」の場合
    [サーバー機能]を選んだあと、「入」への切り替えのみおこないます。引き続き [登録機器一覧]/[未登録機器一覧]のXperiaを削除する をお試しください。

  5. 「切」を選び、《決定》ボタンを押します。
    ※ [外出先視聴]が「許可しない」に変更します。

  6. 「閉じる」のまま、《決定》ボタンを押します。

  7. もう一度、[サーバー機能]を選び、《決定》ボタンを押します。

  8. 「変更する」を選び、《決定》ボタンを押します。

  9. 「入」を選び、《決定》ボタンを押します。
    ※ [外出先視聴]が「許可する」に変更します。

引き続き以下の操作をお試しください。

目次に戻る

[登録機器一覧]/[未登録機器一覧]のXperiaを削除する

操作手順

  1. [登録機器一覧]を選び、《決定》ボタンを押します。

  2. 「すべて削除」を選び、《決定》ボタンを押します。
    ※ 機器が一台も表示されていない場合は、《戻る》ボタンを押してください。

  3. 「はい」を選び、《決定》ボタンを押します。

  4. [未登録機器一覧]を選び、《決定》ボタンを押します。

  5. 「すべて削除」 を選び、《決定》ボタンを押します。
    ※ 機器が一台も表示されていない場合は、《戻る》ボタンを押してください。

※ 最後に[クライアント機器登録方法]を「自動」に設定してください。

以上で、手順は終了です。
《戻る》ボタンを何度か押し、ホームメニュー(設定画面)を終了してください。
Xperiaが自動的に再登録されるので、数分待ってから改善を確認してください。

目次に戻る

ネットワーク機器の状況を確認します
モデム、無線LANルーター(アクセスポイント)、ハブなどのネットワーク機器を再起動します

ネットワーク機器の電源コードを抜き差しし、再起動します。
電源コードを差しなおした直後は再起動をおこないますので、数分待ってから改善を確認してください。

目次に戻る

ルータースイッチを切り換えます

無線LANルーター本体にルータースイッチがある場合、ルータースイッチを切り換えることで改善する場合があります。

  • [OFF] になっている場合は、[ON] に切り換えてください。
  • [AUTO] になっている場合は、 [ON] 、 [OFF] 、それぞれに切り換えてください。
  • [ON] になっている場合は、[OFF] に切り換えてください。

切り換えた直後は、再起動をおこないますので、数分待ってから改善を確認してください。
切り換えても改善しない場合は、ルータースイッチを元に戻してください。

参考

ルータースイッチがない場合は、PC(パソコン)からWEBブラウザを使って設定管理画面(ユーティリティ)で切り換える必要があります。
ルーターメーカーによって設計方法が異なりますので、詳しくは、ルーター付属の取扱説明書か、ルーターメーカーのホームページをご覧ください。

目次に戻る

暗号化されているか確認します

無線LANルーターのSSIDを暗号化していない場合、BDレコーダーの映像を再生することはできません。
暗号化の設定は、ご使用の無線LANルーターによって異なります。
詳しくは、ルーター付属の取扱説明書か、ルーターメーカーのホームページをご覧ください。

目次に戻る

ルーターが「DLNA」に対応しているか確認します

「DLNA」とは、デジタル家電(パソコンやXperiaを含む)どうしのネットワークを構築し、映像・音楽・写真をそのネットワーク内で楽しむことを実現するためのガイドラインです。
ルーターが「DLNA」に非対応の場合、デジタル家電どうしのネットワークを構築できず、「家じゅうどこでも視聴」を利用できません。
ルーターが「DLNA」に対応しているかどうか、詳しくは、ルーター付属の取扱説明書か、ルーターメーカーのホームページをご覧ください。

目次に戻る

ルーターのネットワーク分離機能を確認します

ネットワーク分離機能(プライバシーセパレータ機能)とは、ルーター内部のセキュリティ機能のことで、同じルーターに接続している機器同士の通信を遮断する機能のことです。
この機能が有効の場合は、BDレコーダーとXperiaの通信が遮断され各々が認識しないため、設定を無効にしてください。
設定を無効にするには、パソコンからWEBブラウザを使ってルーターの設定管理画面(ユーティリティ)にて設定を変更する必要があります。
ルーターメーカーによって設定方法が異なりますので、詳しくは、ルーター付属の取扱説明書か、ルーターメーカーのホームページをご覧ください。

  • ネットワーク分離機能(プライバシーセパレータ機能)の名称は、ルーターメーカーにより異なります。

目次に戻る

最新のファームウェアバージョンにアップデートします

無線LANルーターのファームウェアバージョンを最新にすることで改善する場合があります。
詳しくは、ルーター付属の取扱説明書か、ルーターメーカーのホームページをご覧ください。

目次に戻る

BDレコーダーを無線で接続している場合は、LANケーブル(有線)で接続します

BDレコーダーを無線LANルーターに無線で接続している場合は、有線で接続している場合と比較すると、ネットワーク環境が不安定になります。
無線から有線で接続しなおし、「家じゅうどこでも視聴」ができるかご確認ください。

LANケーブル(有線)で接続する方法
以下のページの手順をお試しください。

▼LANケーブルで有線接続:
BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510/E510
BDZ-EX3000/ET2000/ET1000/EW2000/EW1000/EW500/E500 の場合

BDZ-AX2700T/AT970T/AT950W/AT770T/SKP75の場合

目次に戻る

 
制限事項に該当しないか確認します
「家じゅうどこでも視聴」の主な制限事項

 

「家じゅうどこでも視聴」の主な制限事項
  • 無線LANの電波が弱いと再生/ライブ視聴ができないことがあります。再生/ライブ視聴できないときは、無線LANルーターの近くでお試しください。
  • お使いのホームネットワーク環境によっては、再生中に映像や音声が途切れることがあります。
  • 字幕放送の場合、字幕は切り換えられません。
  • 二か国語放送で、二重音声のタイトルの場合、ホームメニュー>[設定]>[ビデオ設定]>[二重音声記録]の順で選んだ音声になります。また、[音声1]/[音声2]がある場合は、[音声1]になります。
  • タイトル名が正しく表示されないことがあります。
  • BDレコーダーから出力される動画/写真をXperiaで再生するときと、BDレコーダーで再生するときでは、見えかたが若干異なることがあります。

目次に戻る

「家じゅうどこでも視聴」で再生できないタイトルを確認する

 

以下のタイトルは「家じゅうどこでも視聴」で再生できません
  • プレイリスト
  • 編集したタイトル
  • 録画モードなどの異なるタイトルを結合したタイトル
  • インターネットサービスからダウンロードしたタイトル
  • BDレコーダーに録画した視聴年齢制限付きのタイトル
  • スカパー!プレミアムサービスのライブ視聴(対象機種:BDZ-SKP75)
  • ビデオカメラなどから取り込んだ3D映像や1080/60p映像のタイトル(「ビデオ(ムービー)」アプリのみ)
  • ビデオカメラなどから取り込んだ動画のタイトル(「Twonky Beam」アプリのみ) *2
  • BD(BD-R、BD-RE)より移動(ムーブバック)したタイトル *3
  • DVD(AVCHD方式)からBDレコーダーのハードディスクに取り込んだタイトル *3
  • 外付けUSBハードディスクに保存したタイトル(対象機種:BDZ-AX2700T/AT970T/AT950W/SKP75)
*2 タイトルによっては再生できる場合もありますが、動作保証しておりません。
*3 以下の詳細Q&Aで、再生できるか確認する方法を説明しています。

目次に戻る

BDレコーダーを使用することで「家じゅうどこでも視聴」ができなくなる操作を確認する

 

BDレコーダーを使用することで「家じゅうどこでも視聴」ができなくなる操作一覧
  • ライブ視聴ができなくなる操作 *4
    • BDレコーダーが電源「切」の状態
      • 2つ以上の番組を録画中(対象機種:BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510/EW2000/EW1000/EW500/AT950W/SKP75)
      • 3つの番組を録画中(対象機種:BDZ-EX3000/ET2000/ET1000/AX2700T/AT970T/AT770T)
    • BDレコーダーが電源「入」の状態
      • 1つ以上の番組を録画中(対象機種:BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510/EW2000/EW1000/EW500/AT950W/SKP75)
      • 2つ以上の番組を録画中(対象機種:BDZ-EX3000/ET2000/ET1000/AX2700T/AT970T/AT770T)
  • 録画した番組の視聴ができなくなる操作
    • BDレコーダーが電源「切」の状態
    • 1つの番組を録画中(対象機種:BDZ-E500/E510)
    • 2つ以上の番組を録画中(対象機種:BDZ-ET2100 *5 /ET1100 *5 /EW1100/EW510/EW2000/EW1000/EW500/950W/SKP75)
    • 3つの番組を録画中(対象機種:BDZ-EX3000/ET2000/ET1000/AX2700T/AT970T/AT770T)
  • 上記のどちらも視聴できなくなる操作
    • スカパー!プレミアムサービスLinkや、ケーブルテレビ(CATV)のLAN録画/LANムーブ中
    • ホームメニューから設定を変更中
    • おでかけ/おかえり転送中
    • タイトルダビング中 *6
    • タイトルの編集中
    • まるごとDVDコピー中
    • 写真の取り込み中
    • x-Pict Story HD作成中
    • x-ScrapBook作成中やx-ScrapBook書き出し中
    • BD-ROMや思い出ディスクダビングで作成したBD-Jメニュー付きディスクを再生中
    • インターネットサービスのビデオタイトルを視聴中
*4 BDZ-E510/E500 は、放送中番組の視聴(ライブ視聴)に対応していません。
*5 BDZ-ET2100/ET1100 のチューナーCで録画中の場合、録画した番組の視聴はできません。
*6 BDZ-EX3000/AX2700T のHDV/DVダビング中は、「家じゅうどこでも視聴」ができます。

目次に戻る

それでも改善しない場合は(掲示板に書き込む)

Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。
知りたいことや困ったことを「質問」として書き込むと、詳しい人からの回答やアドバイスが得られる、コミュニケーションの場です。

ブルーレイディスクレコーダーに詳しいユーザーに聞いてみよう!(無料)

例えばこんな質問を
BDZ-□□□□を使っています。「ビデオ」アプリで「家じゅうどこでも視聴」を利用中です。○○○社の△△△△という型名の無線ルーターに変更予定なのですが、変更後も「家じゅうどこでも視聴」は利用できますか?

目次に戻る

それでも改善しない場合は(使い方相談窓口に問い合わせる)

お手数をおかけいたしますが、使い方相談窓口 までお問い合わせください。

目次に戻る

 
 
 




 

 



文書番号: S1303280048582
更新日: 2017/11/13