デジタル音声出力での接続時、SACDの音声を収録されたままの状態で出力できますか。| Q&Aページ | Q&A | ブルーレイディスクプレーヤー/DVDプレーヤー | サポート・お問い合わせ | ソニー
デジタル音声出力での接続時、SACDの音... | Q&Aページ | Q&A | ブルーレイディスクプレーヤー/DVDプレーヤー | サポート・お問い合わせ | ソニー
bd-player
sidemenu_sm1
ブルーレイディスクプレーヤー/DVDプレーヤー サポートトップ
S1311130056828
1
BDP-S5100 BDP-S6200 BDP-S6500 BDP-S6700 UBP-X800
bd-player
> Q&A
Q

デジタル音声出力での接続時、SACDの音声を収録されたままの状態で出力できますか。

  • デジタル音声出力でAVアンプに接続し、SACDの5.1ch再生はできますか。
  • デジタル音声出力(同軸)での接続時、SACDの音声がDSDで出力されません。
 
A

SACDの音声は、LPCM 2ch 44KHzに変換されて出力されます。

内容

説明

SACD(スーパーオーディオCD)の音声はLPCM 2ch 44KHzに変換されて出力されます。
DSDの高音質再生やマルチチャンネル再生など、SACDの特性を生かすには、HDMI端子で接続してください。
なお、UBP-X800をご使用の場合はDSD 2.8MHzの音声をビットストリーム出力ができます。

      


 
 



文書番号: S1311130056828
更新日: 2017/09/11