ハイスピード撮影した映像をスローモーションで再生したい。| Q&Aページ | Q&A | デジタルビデオカメラ アクションカム | サポート・お問い合わせ | ソニー
ハイスピード撮影した映像をスローモーショ... | Q&Aページ | Q&A | デジタルビデオカメラ アクションカム | サポート・お問い合わせ | ソニー
actioncam
sidemenu_sm1
デジタルビデオカメラ アクションカム サポートトップ
S1402260060744
1
FDR-X1000V FDR-X1000VR FDR-X3000 FDR-X3000R HDR-AS100V HDR-AS100VR HDR-AS15 HDR-AS200V HDR-AS200VR HDR-AS300 HDR-AS300R HDR-AS30V HDR-AS30VR HDR-AS50 HDR-AS50R HDR-AZ1 HDR-AZ1VR
actioncam
> Q&A
Q

ハイスピード撮影した映像をスローモーションで再生したい。



A

以下をご確認ください。


内容

説明

 
ハイスピード撮影とは

[HS120](120p)は毎秒120フレームのプログレッシブで記録します。
[HS240](240p)は毎秒240フレームのプログレッシブで記録します。
[HQ](30p)や[PS](60p)に比べてフレーム数が格段に多く、 スローモーションで再生すると、とてもなめらかに再生されます。

設定できる画質は、カメラや動画記録フォーマット(4K・HD・MP4)によって異なります。
お使いのアクションカムで設定できる画質について、詳しくはヘルプガイドやハンドブックをご覧ください。

▼関連Q&A:
フレームレートの[60i]と[60p]、[24p]では何が違うのですか?(ハンディカム)

スローモーションで再生するには

ハイスピード撮影した映像は、ライブビューリモコンやPlayMemories Mobileで再生すると、60pの標準速度で再生されます。また、パソコンやスマートフォンに取り込んでそのまま再生した場合も60pの標準速度で再生されます。

ハイスピード撮影した映像をスローモーションで再生するには、Action Cam Movie CreatorまたはPlayMemories Homeで編集してください。
変速区間を設定して保存した映像を再生すると、変速設定した部分がスローモーションで再生されます。

参考

スロー撮影([SSLOW] または [SLOW] )は再生フレームレートが30pと低いため、編集しなくてもスローモーションで再生されます。

▼関連Q&A:
同じフレームレートの[HS120]/[HS100]と[SSLOW]では、どのような違いがありますか?

   






文書番号: S1402260060744
更新日: 2016/09/27