テレビや、ブルーレイディスクレコーダーなど、周辺機器との接続方法をおしえてください (HT-CT370)| Q&Aページ | Q&A | サウンドバー/ホームシアターシステム | サポート・お問い合わせ | ソニー
テレビや、ブルーレイディスクレコーダーな... | Q&Aページ | Q&A | サウンドバー/ホームシアターシステム | サポート・お問い合わせ | ソニー
home-theater
sidemenu_sm1
サウンドバー/ホームシアターシステム サポートトップ
S1407230065263
1
HT-CT370
home-theater
> Q&A
Q

テレビや、ブルーレイディスクレコーダーなど、周辺機器との接続方法をおしえてください (HT-CT370)



A

接続する機器により異なります。以下をご覧ください


内容

説明

テレビと接続する
テレビにARC対応のHDMI端子がある場合
  1. ブラビアの最新機種など、ARC対応HDMI端子搭載テレビと接続する場合、別売りのHDMIケーブルで、テレビのHDMI入力 (ARC) 端子と、バースピーカーの「HDMI出力 TV (ARC)」 端子を接続します。

    テレビにARC対応のHDMI端子がある場合

    ご注意

    オーディオリターンチャンネル(ARC)機能に対応しているテレビのHDMI入力端子には、「ARC」と表記されています。
    それ以外のHDMI入力端子につないでも、オーディオリターンチャンネル (ARC) 機能は働きません。

  2. リモコンの 「入力切換」 ボタンまたは、バースピーカーの 「INPUT」 ボタンで、表示窓に「 TV 」と表示されるまで繰り返しボタンを押します。

    本体とリモコンの入力切換ボタン

    参考

    バースピーカーからテレビの音が出ます。
    リモコンの音量 「 + 」 「 - 」 ボタン、またはバースピーカーの「VOL+」「VOL ―」ボタンで、お好みの音量に調整してください。

    音量、VOLボタン

目次に戻る

テレビにHDMI端子 (ARC非対応)、光デジタル音声出力端子がある場合
  1. ブラビアの一部機種など、ARC非対応のHDMI入力端子がある場合、別売りのHDMIケーブルで、テレビのHDMI入力端子と、バースピーカーの「HDMI出力 TV (ARC)」 端子を、テレビの光デジタル音声出力とバースピーカーの 「OPT (TV) デジタル入力」 を接続します。
    (テレビの音声を聞くためには、光デジタル音声コードも接続する必要があります)

    テレビに光デジタル音声出力端子がある場合

    参考

    テレビとだけ接続する場合、HDMI接続は不要です。
    (電源の連動、テレビのリモコンで音量調整することなどはできません)

    ご注意

    接続機器側の機種の中には、光デジタル音声端子にキャップがついている場合があります。
    キャップをとりはずしてから接続してください。

    バースピーカー側のOPTICAL端子は、開閉式の扉になっています。
    そのまま向きに注意して差し込んでください。

  2. リモコンの 「入力切換」 ボタンまたは、バースピーカーの 「INPUT」 ボタンで、表示窓に「 TV 」と表示されるまで繰り返しボタンを押します。

    本体とリモコンの入力切換ボタン

    参考

    バースピーカーからテレビの音が出ます。
    リモコンの音量 「 + 」 「 - 」 ボタン、またはバースピーカーの「VOL+」「VOL ―」ボタンで、お好みの音量に調整してください。

    音量、VOLボタン

目次に戻る

テレビにHDMI入力端子が無い場合 (光デジタル音声出力端子あり)
  1. 液晶ベガの一部など、HDMI端子が無く光デジタル音声出力がある場合、付属の光デジタル音声コードで、バースピーカーの「OPT (TV) デジタル入力」端子に接続します。

    テレビに光デジタル音声出力端子がある場合

    ご注意
    • バースピーカーの 「HDMI 入力 1」 ~ 「HDMI 入力 3」 に、ブルーレイディスクレコーダーやPS3などの映像機器を接続すると、バースピーカーから音声は出ますが、テレビ画面に映像は出ません。
      ブルーレイディスクレコーダーやPS3は、テレビと接続してください。

    • 接続機器側の機種の中には、光デジタル音声端子にキャップがついている場合があります。
      キャップをとりはずしてから接続してください。

      バースピーカー側のOPTICAL端子はは開閉式の扉になっています。
      そのまま向きに注意して差し込んでください。

  2. リモコンの 「入力切換」 ボタンまたは、バースピーカーの 「INPUT」 ボタンで、表示窓に「 TV 」と表示されるまで繰り返しボタンを押します。

    本体とリモコンの入力切換ボタン

    参考

    バースピーカーからテレビの音が出ます。
    リモコンの音量 「 + 」 「 - 」 ボタン、またはバースピーカーの「VOL+」「VOL ―」ボタンで、お好みの音量に調整してください。

    音量、VOLボタン

目次に戻る

テレビにHDMI入力端子が無い場合 (光デジタル音声出力端子無し)
  1. テレビの音声出力端子と、バースピーカーの 「ANALOG IN」 端子を接続します。

    ステレオミニ端子につなぐ場合

    別売りのアナログ音声コード (ソニー製RK-G136など) で接続します。

    ステレオミニ端子につなぐ場合

    ステレオミニジャック (赤、白の音声出力端子) につなぐ場合

    別売りの音声コード (ソニー製RK-G129など) で接続します。

    ステレオミニジャック (赤、白の音声出力端子) につなぐ場合

    参考

    テレビに音声出力端子が無い場合は、テレビのヘッドフォン端子に接続してください。

  2. リモコンの 「入力切換」 ボタンまたは、バースピーカーの 「INPUT」 ボタンで、表示窓に「 ANALOG 」と表示されるまで繰り返しボタンを押します。

    CT660本体とリモコン

    参考

    バースピーカーからテレビの音が出ます。
    リモコンの音量 「 + 」 「 - 」 ボタン、またはバースピーカーの「VOL+」「VOL ―」ボタンで、お好みの音量に調整してください。

    音量、VOLボタン

目次に戻る

その他の機器を接続する
ブルーレイディスクレコーダーやCATVチューナー、PS3をつなぐ
  1. テレビとHDMIで接続している場合、ブルーレイディスクレコーダーやCATVチューナー、PS3などHDMI出力がある機器との接続は、バースピーカーの「HDMI 入力1」~「HDMI 入力3」 のいずれかに接続します。

    接続例 : PS3を「HDMI 入力1」、CATVチューナーを 「HDMI 入力2」、BDレコーダーを 「HDMI 入力3」 に接続します。

    BDレコーダー・ゲーム機、CATVチューナーを接続する

  2. リモコンの 「入力切換」 ボタンまたは、バースピーカーの 「INPUT」 ボタンで、機器を接続した入力に切り換えます。

    接続例では、表示窓に、PS3の場合は 「 HDMI1」、CATVチューナーの場合は 「 HDMI2」、ブルーレイディスクレコーダーの場合は 「 HDMI3」 と表示されるまで、繰り返しボタンを押します。

    ※ HDMI1に入力を切り換えるとき

    CT660本体とリモコン

    参考

    バースピーカーからテレビの音が出ます。
    リモコンの音量 「 + 」 「 - 」 ボタン、またはバースピーカーの「VOL+」「VOL ―」ボタンで、お好みの音量に調整してください。

    音量、VOLボタン

目次に戻る

ウォークマン”やスマートフォンなどを接続する
  1. ”ウォークマン”やスマートフォンなどヘッドフォン端子搭載機器とは、別売りのアナログ音声コードで接続します。
    テープデッキなど、ピン端子 (赤白) の音声出力搭載機器とは、別売りのステレオ音声ケーブルでバースピーカーの 「アナログ入力」 端子と接続します。

    ヘッドフォン端子につなぐ場合

    別売りのアナログ音声コードで接続します。

    スマートフォンにつなぐ場合

    ステレオミニジャック (赤、白の音声出力端子) につなぐ場合

    市販の音声コード (ソニー製RK-G129など) で接続します。

    テープデッキにつなぐ場合

  2. リモコンの 「入力切換」 ボタンまたは、バースピーカーの 「INPUT」 ボタンで、表示窓に「 ANALOG 」と表示されるまで繰り返しボタンを押します。

    CT660本体とリモコン

    参考

    バースピーカーからテレビの音が出ます。
    リモコンの音量 「 + 」 「 - 」 ボタン、またはバースピーカーの「VOL+」「VOL ―」ボタンで、お好みの音量に調整してください。

    音量、VOLボタン

    本体のボリュームを上げても音量が小さい場合は、”ウォークマン”、スマートフォンなどで音量を上あげてください。

目次に戻る

このサポートページはお役にたちましたか?







文書番号: S1407230065263
更新日: 2016/09/27