撮影後に記録した画像を再生すると、撮影していない画像が記録されている(サイバーショット)| Q&Aページ | Q&A | デジタルスチルカメラ サイバーショット | サポート・お問い合わせ | ソニー
撮影後に記録した画像を再生すると、撮影し... | Q&Aページ | Q&A | デジタルスチルカメラ サイバーショット | サポート・お問い合わせ | ソニー
cyber-shot
sidemenu_sm2
デジタルスチルカメラ サイバーショット サポートトップ
S1505260072092
1
DSC-RX1 DSC-RX10 DSC-RX100 DSC-RX100M2 DSC-RX100M3 DSC-RX100M4 DSC-RX100M5 DSC-RX10M2 DSC-RX10M3 DSC-RX10M4 DSC-RX1R DSC-RX1RM2
cyber-shot
> Q&A
Q

撮影後に記録した画像を再生すると、撮影していない画像が記録されている(サイバーショット)

 
A

以下の機能が動作した場合に自動的に静止画が記録されます

内容

説明

以下の機能によって、撮影する被写体を検出したときに静止画を自動的に作成します。
お使いの機種によって搭載されている機能や設定方法は異なります。詳細は各機種の取扱説明書をご覧ください。

オートフレーミング、オートポートレートフレーミング機能

[オートフレーミング]または[オートポートレートフレーミング]が[オート]に設定されていると、静止画撮影時に最適な構図に切り出し(トリミング)した画像を自動で作成します。

そのため、トリミング前の画像とトリミングされた画像の2枚がカメラに記録されます。
自動的に記録された画像には、液晶モニターの左上に[]、または[]が表示されます。

人物の顔やマクロ撮影する被写体、または[追尾フォーカス]でとらえた被写体を検出した場合に実行されます。

参考

オートポートレートフレーミング機能は、人物の顔のみを検出します。

オートデュアル機能

[オートデュアル]が[入]に設定されていると、動画撮影時に静止画を自動で作成します。 人物を含む印象的な構図を検出した場合に実行されます。



 
 



文書番号: S1505260072092
更新日: 2017/10/04