縦構図で撮影した画像の再生時にLCD画面いっぱいに表示する方法| Q&Aページ | Q&A | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
縦構図で撮影した画像の再生時にLCD画面... | Q&Aページ | Q&A | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
ichigan
sidemenu_sm2
デジタル一眼カメラ α™(アルファ) サポートトップ
S1507300073160
1
ILCA-77M2 ILCA-99M2 ILCE-5000L ILCE-5000Y ILCE-5100 ILCE-6000 ILCE-6300 ILCE-6300L ILCE-6500 ILCE-7 ILCE-7M2 ILCE-7R ILCE-7RM2 ILCE-7RM3 ILCE-7S ILCE-7SM2 ILCE-9
ichigan
> Q&A
Q

縦構図で撮影した画像の再生時にLCD画面いっぱいに表示する方法

 
A

再生メニューの[記録画像の回転表示]が[オート]または[切]の場合画面いっぱいに表示できます。

説明

[オート]の場合、カメラを縦位置にすることで縦構図で撮影した画像を画面いっぱいに表示できます。
[切]の場合、縦構図で撮影した画像も常に画面いっぱいに表示されます。

[マニュアル]の場合は縦構図で撮影した画像の左右に黒帯が表示されます。

※お使いの機種により選択できる項目は異なります



 
 



文書番号: S1507300073160
更新日: 2017/11/23