S-Logで撮影すると暗部にノイズが目立ちます(α:アルファ)| Q&Aページ | Q&A | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
S-Logで撮影すると暗部にノイズが目立... | Q&Aページ | Q&A | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
ichigan
sidemenu_sm2
デジタル一眼カメラ α™(アルファ) サポートトップ
S1603140078455
1
ILCA-99M2 ILCE-6300 ILCE-6500 ILCE-7M2 ILCE-7RM2 ILCE-7S ILCE-7SM2
ichigan
> Q&A
Q

S-Logで撮影すると暗部にノイズが目立ちます(α:アルファ)

 
A

S-Log2またはS-Log3のグレーディング (画像加工処理)前の映像は、ほかのガンマーカーブに比べて、暗部においてノイズが目立ちやすくなっています

内容

説明

S-Log2またはS-Log3は、撮影後にグレーディング(画像加工処理)を行うことが前提の機能です。
S-Log2またはS-Log3のグレーディング前の映像は、ほかのガンマカーブに比べて暗部においてノイズが目立ちやすくなっています。
グレーディング後でもノイズが気になる場合は、明るめに撮影し、適切な明るさにグレーディングすることでノイズを軽減できる場合があります。
明るく撮影した場合にはその分ダイナミックレンジは狭くなります。
S-Log2あるいはSlog3を使って撮影する場合は、事前にテスト撮影をおこない、グレーディングを含め画質を確認することをおすすめします。

S-Logについての詳細は、以下のページをご覧ください。

  • ソニーのカメラを使って、よりクリエイティブな映像制作をするためのヘルプガイドです。


 
 



文書番号: S1603140078455
更新日: 2016/11/30