蛍光灯などの照明下で撮影した画像の一部または全体が黄色くなってしまう(サイバーショット)| Q&Aページ | Q&A | デジタルスチルカメラ サイバーショット | サポート・お問い合わせ | ソニー
蛍光灯などの照明下で撮影した画像の一部ま... | Q&Aページ | Q&A | デジタルスチルカメラ サイバーショット | サポート・お問い合わせ | ソニー
cyber-shot
sidemenu_sm2
デジタルスチルカメラ サイバーショット サポートトップ
S1604010078773
1
DSC-RX10M2 DSC-RX10M3 DSC-RX10M4
cyber-shot
> Q&A
Q

蛍光灯などの照明下で撮影した画像の一部または全体が黄色くなってしまう(サイバーショット)

 
 
A

蛍光灯、ナトリウム灯、水銀灯、白熱灯などの照明下で撮影をおこなうと、 このような現象が発生する場合があります。

内容

説明

これはフリッカー現象と呼ばれるものです。
このような場合は、シャッタースピードを変更することで改善される場合があります。

また、少光量発光のハイスピードシンクロ撮影を高速なシャッタースピードでおこなうと、画面に横スジが入ることがあります。
この場合もシャッタースピードを低速にすることや、電子先幕シャッター設定のできるカメラで「切」またはシャッター方式の設定できるカメラでは「メカシャッター」を選択すると改善される場合があります。

  • フリッカー現象を改善する場合のシャッタースピードの設定はご使用の地域によって変わります。
    関東地方などの50Hz の地域では [1/100] に、関西地方などの60Hzの地域では [1/60] に設定することをおすすめします。
  • 動画撮影時は、フリッカーを起こす光源をできるだけ避けて撮影してください。


 
 



文書番号: S1604010078773
更新日: 2017/10/04