Bluetoothアクティブスピーカーの音が途切れる、ノイズが発生する| Q&Aページ | Q&A | アクティブスピーカー | サポート・お問い合わせ | ソニー
Bluetoothアクティブスピーカーの... | Q&Aページ | Q&A | アクティブスピーカー | サポート・お問い合わせ | ソニー
active-speaker
sidemenu_sm1
アクティブスピーカー サポートトップ
SH000156491
1
CAS-1 GTK-N1BT LSPX-100E26J LSPX-103E26 LSPX-S1 RDP-NWG400B RDP-NWV25B RDP-NWV600B RDP-NWX500B SRS-BTD70 SRS-BTM8 SRS-BTS50 SRS-BTV25 SRS-BTV5 SRS-BTX300 SRS-BTX500 SRS-CS20BT SRS-HG1 SRS-X1 SRS-X11 SRS-X2 SRS-X3 SRS-X33 SRS-X5 SRS-X55 SRS-X7 SRS-X77 SRS-X88 SRS-X9 SRS-X99 SRS-XB2 SRS-XB3 SRS-ZR7
active-speaker
> Q&A

Bluetoothアクティブスピーカーの音が途切れる、ノイズが発生する

  • スマートフォンのアプリが多数起動しており、動作が重くなってBluetoothの電波送信に支障が出ます。
  • Wi-Fi環境下で複数の端末を使用時に、頻繁に音が途切れます。
  • 電子レンジや自動改札などの外部要因により、音の途切れが頻繁に起きます。
  • Bluetooth通信のデータ欠落により、音の途切れやノイズが発生しています。
  • 屋外での使用時に、音の途切れやノイズが発生します。
  • スマートフォンを胸やズボンのポケットなどに入れて音楽を聴いているときに、音の途切れやノイズが発生します。

音が途切れる原因やノイズの原因を知ることが大切です

説明

接続イメージ

Bluetoothアクティブスピーカーの音が途切れたりノイズが発生する場合、アクティブスピーカー側(受信側)のトラブルだけではなく、Bluetooth通信の電波状況や送信側機器の状態など、さまざまな原因が考えられます。
トラブルの原因を知り上手に使うことで、音の途切れやノイズを最小限に抑えられます。

目次

ケース 1. スマートフォンのアプリが多数起動しており、動作が重くなってBluetoothの電波送信に支障が出る
ケース 2. Wi-Fi環境下で複数の端末を使用時に、頻繁に音が途切れる
ケース 3. 電子レンジや自動改札などの外部要因により、音の途切れが頻繁に起こる
ケース 4. Bluetooth通信のデータ欠落による音の途切れ・ノイズ
ケース 5. 屋外での使用時に、音の途切れやノイズが発生する
ケース 6. スマートフォンを胸やズボンのポケットなどに入れて音楽を聴いているときに、音の途切れやノイズが発生する

内容

対処方法

ケース 1. スマートフォンのアプリが多数起動しており、動作が重くなってBluetoothの電波送信に支障が出る

アプリ起動イメージ

スマートフォンやタブレットからの視聴時に、同時にたくさんのアプリを起動していると、スマートフォンの動作に負荷がかかり、Bluetoothによる音声の伝送に支障が出る場合があります。
このような場合は、使用していないアプリを終了する、スマートフォンを再起動する、スマートフォンのメモリーを解放する、などの方法で負荷を減らすと音の途切れやノイズが改善する場合があります。

参考
以下をお試しください。

  • 使用していないアプリを終了する。
  • スマートフォンを再起動する。
  • 専用のアプリを使用してスマートフォンのメモリーを解放する。

目次に戻る

ケース 2. Wi-Fi環境下で複数の端末を使用時に、頻繁に音が途切れる

接続イメージ

スマートフォン、タブレット、パソコンなど複数の端末で、ご家族が同時にストリーミング放送の視聴、通信型ゲームやソフトウェアやアプリのダウンロードなどのデータ通信を行っている場合に、ひとつのアクセスポイントに複数の端末とのWi-Fi通信が集中して負荷がかかり、スピーカーからの音が途切れたり、ノイズの原因となることがあります。

このような場合、音の途切れやノイズの原因は、BluetoothではなくWi-Fiアクセスポイントの通信速度低下によるものです。「複数の端末で同時にストリーミング放送を視聴しない」「ソフトウェアやアプリをダウンロード中は、ストリーミング放送の視聴を控える」などの点に留意し、Wi-Fiアクセスポイントの通信速度が低下しないよう気をつけてください。

参考
以下をお試しください。

  • Wi-Fiアクセスポイントが過負荷状態になっていないか確認する。
  • Wi-Fiアクセスポイントに同時接続した複数のスマートフォンやタブレットで、ストリーミング放送の同時視聴を控える。
  • Wi-Fiアクセスポイントに同時接続している別の端末でソフトウェアやアプリのダウンロードを行っているときは、ストリーミング放送の視聴を控える。

ケース 3. 電子レンジや自動改札などの外部要因により、音の途切れが頻繁に起こる

接続イメージ

電子レンジなどの外部要因が、Wi-FiやBluetoothのワイヤレス通信を妨げる要因となる場合があります。
以下のようなワイヤレス通信を妨げる要因により頻繁に音が途切れたり、やがて音声がまったく出なくなることがあります。

  • 電子レンジ
  • コードレス電話機、カメラ、ワイヤレススピーカーなどのワイヤレス機器
  • 公共のWi-Fiスポット、駅の自動改札など特定の設備

このような場合、ワイヤレス通信を妨げる可能性のある機器の近くではBluetoothスピーカーの使用を控えるようにしてください。
また、再生側端末を再起動したのち、スピーカーとのペアリングを解除し、再度ペアリングすることで改善する場合があります。

参考
以下をお試しください。

  • 電子レンジなどのワイヤレス通信を妨げる可能性のある機器の近くでは、Bluetoothスピーカーを使用しない。
  • 再生側端末を再起動してから、スピーカーと再生側端末のペアリングを解除し、再度ペアリングする。

ケース 4. Bluetooth通信のデータ欠落による音の途切れ・ノイズ

ノイズイメージ

Bluetoothスピーカーは電波状況によってデータの欠落が発生し、それが音の途切れやノイズの原因となる場合があります。
特に「LDAC」などの高音質なBluetooth接続コーデックは96kHz/24bitの信号を伝送でき、ハイレゾ音源の再生にも適していますが、転送するデータ量が多いため、その分、データの欠落も発生しやすくなります。
このような場合は、接続先機器の位置を変えたり、スピーカーとの距離を近づけることで改善する場合があります。
また、LDACを使用している場合は、LDACの音質設定を「高音質」から「標準」や「通信優先」へ変更すると、音質は若干低下しますが、音の途切れやノイズが改善します。

参考
以下をお試しください。

  • 接続先機器の位置を変えたり、スピーカーとの距離を近づけ、Bluetoothの受信が良好な位置に変更する
  • LDACを使用している場合は、音質設定を「高音質」から「標準」や「通信優先」へ変更する。

目次に戻る

ケース 5. 屋外での使用時に、音の途切れやノイズが発生する

接続イメージ

屋外では室内に比べて電波の反射が少ないため、室内よりも音の途切れなどが頻発することがあります。
Bluetoothの通信では、直接到達する電波と、壁などの近距離の対象物に反射する電波の双方で送信、受信しています。
そのため、室内の場合は壁、床、天井に反射した電波が有効に作用することがあります。
屋外で音の途切れが発生するときは、送信機器の位置を変えたり、ヘッドホンとの距離を近づけたりすることで改善する場合があります。

参考
以下をお試しください。

  • 端末の位置を変えたり、スピーカーとの距離を近づけ、Bluetoothの受信が良好な位置に変更する。
  • スピーカーのBluetoothアンテナの位置は機種により異なります。
    スピーカーのアンテナと端末の距離を30cmほどまで近づけ、正常に受信することを確認してから、少しずつ距離を離してみて、問題なく利用できる距離をお試しください。

目次に戻る

ケース 6. スマートフォンを胸やズボンのポケットなどに入れて音楽を聴いているときに、音の途切れやノイズが発生する

接続イメージ

スマートフォンや音楽プレーヤーなどの再生端末を胸やズボンのポケット、カバンなどに入れて音楽を視聴しているときに、音の途切れやノイズが発生する場合があります。
これは、スピーカーのBluetoothアンテナと端末の間に挟まれた人体が「遮蔽(しゃへい)物」となり、Bluetoothの送受信に障害が起きるためです。
このような場合、端末とスピーカーの位置を変えたり、距離を近づけ、Bluetoothの受信が良好な位置に変更することで改善する場合があります。

参考
以下をお試しください。

  • 端末をほかのポケットに入れる、カバンの位置を調整するなどして、Bluetoothの受信が良好な位置に変更する。
  • スピーカーのBluetoothアンテナの位置は機種により異なります。
    スピーカーのアンテナと端末の距離を30cmほどまで近づけ、正常に受信することを確認してから、少しずつ距離を離してみて、問題なく利用できる距離をお試しください。



文書番号: SH000156491
更新日: 2016/09/29