電子シャッター使用上の制約はありますか?| Q&Aページ | Q&A | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
電子シャッター使用上の制約はありますか?| Q&Aページ | Q&A | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
ichigan
sidemenu_sm2
デジタル一眼カメラ α™(アルファ) サポートトップ
SH000158668
1
ILCE-9
ichigan
> Q&A

電子シャッター使用上の制約はありますか?

シャッター方式を電子シャッターに設定しているときは、以下の制約があります

説明

シャッター方式を電子シャッターに設定しているとき、以下の機能は使用できません。

  • フラッシュ撮影
  • 長秒時NR
  • バルブ撮影
  • 1/8秒より長いシャッタースピードでの連続撮影
  • ISO感度25600を超える高感度設定
 

電子シャッターの最高速度の設定には制約があります。

  • 撮影モードがS(シャッタースピード優先)/M(マニュアル露出)以外のとき、または[ホワイトバランスブラケット]/[DROブラケット]以外のブラケット撮影時には、シャッタースピードの最高速は1/16000秒になります。
  • 撮影モードがS(シャッタースピード優先)/M(マニュアル露出)のときは、1/16000秒の次のシャッタースピードは1/32000秒になります。
  • 押す間カスタム設定呼出に登録できるシャッタースピードは1/16000秒までです。
  • ISO AUTO低速限界に設定できるシャッタースピードは1/16000秒までです。
 

電子シャッター使用時の撮影結果について

  • 瞬間的な光(他のカメラのフラッシュ発光など)や蛍光灯などのちらつきのある照明下で撮影した場合、帯状の明暗が撮影される場合があります。
  • 電子シャッター使用時にはマイクロローリングシャッター現象(高速に読み出すことによる微小な歪み・段差)が以下のような場合に見えることがあります。
    • 撮像面内を高速で移動する被写体など
    • 他の撮影者によるフラッシュ光が写り込んだ場合
    • スポットライトなどに照明された領域、または光源が撮像面内で高速に移動する場合



文書番号: SH000158668
更新日: 2017/05/30