マルチバッテリーアダプターキット(NPA-MQZ1K)の電池残量があるのにカメラの電源が切れる(α(アルファ))| Q&Aページ | Q&A | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
マルチバッテリーアダプターキット(NPA... | Q&Aページ | Q&A | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
ichigan
sidemenu_sm2
デジタル一眼カメラ α™(アルファ) サポートトップ
SH000159086
1
ILCE-5000L ILCE-5000Y ILCE-5100 ILCE-5100L ILCE-6000 ILCE-6000L ILCE-6000Y ILCE-6300 ILCE-6300L ILCE-6500 ILCE-7 ILCE-7K ILCE-7M2 ILCE-7M2K ILCE-7R ILCE-7RM2 ILCE-7S ILCE-7SM2 NPA-MQZ1K
ichigan
> Q&A

マルチバッテリーアダプターキット(NPA-MQZ1K)の電池残量があるのにカメラの電源が切れる(α(アルファ))

電池残量の表示方法が、Zシリーズバッテリー対応カメラ向けに最適化されているためです

説明

マルチバッテリーアダプターキット(NPA-MQZ1K)は、Zシリーズバッテリー(NP-FZ100)を装着してWシリーズバッテリー(NP-FW50)対応カメラに給電できますが、電池残量表示はZシリーズバッテリー対応カメラ向けに最適化されています。
そのため、カメラの液晶モニターの残量表示が約30%になると、バッテリー残量表示に切り替わり、カメラの電源が自動的に切れてしまうことがあります。

この場合は、不意に撮影が中断しないために、電池残量が約30%になる前に余裕を持ってZシリーズバッテリーを装着して充電するか、充分に充電されたほかのバッテリーと交換することおすすめします。




文書番号: SH000159086
更新日: 2017/07/06