音が途切れる場合がある (SRS-WS1)| Q&Aページ | Q&A | アクティブスピーカー | サポート・お問い合わせ | ソニー
音が途切れる場合がある (SRS-WS1... | Q&Aページ | Q&A | アクティブスピーカー | サポート・お問い合わせ | ソニー
active-speaker
sidemenu_sm1
アクティブスピーカー サポートトップ
SH000161332
1
SRS-WS1
active-speaker
> Q&A

音が途切れる場合がある (SRS-WS1)

以下をご確認ください

説明

送信機のランプの状態によって対処方法が異なります。
送信機のランプの色をご確認ください。

目次

内容

対処方法

■ランプが緑色の場合

2.4GHzを使用した無線機器(電子レンジ、無線LANのルーター、Wi-Fi搭載機器)などが近くにあると、影響を受けることがあります。
音の途切れが多い場合には、スピーカーをそれらの機器からできるだけ離してご使用ください。または無線機器の機能をオフにしてからご使用ください。

無線機器の影響を受けている可能性がある症状や状況

  • 1秒以内の音の途切れが短時間、または継続的にある場合   
    無線機器の影響を受けている可能性があります。

  • 1秒以上音が途切れる場合   
    電子レンジの影響を受けている可能性があります。

  • 画面が消えている状態のスマートフォンやタブレットが近くにある場合    
    画面が消えている状態でもWi-Fi通信しているため、影響を受ける可能性があります。

目次に戻る

■ランプが赤色の場合

テレビと送信機との接続に音声ケーブルを使用している場合、送信機に入力される音声レベルが小さすぎると、送信機の無音検出機能が働く可能性があります。
送信機の無音検出機能が働くと、送信機のランプは赤色に点灯し、約1分間で自動的に音が止まります。

送信機のランプが赤色の場合は以下をお試しください。

  • テレビと送信機を、光デジタルケーブルで接続してください。
  • 音声ケーブルで接続される場合は、送信機のランプが緑色になるまでテレビの音量を上げてください。
 
ご注意

テレビと送信機を光デジタルケーブルで接続している場合、光デジタルケーブルがしっかり接続されていないと音が途切れることがあります。
テレビ、および送信機側ともに「カチッ」と音がするまで光デジタルケーブルをしっかり挿し込んでください。




文書番号: SH000161332
更新日: 2017/11/13