録画した時の録画モードと、再生したときの録画モードの表記が違うことがある| Q&Aページ | Q&A | ブルーレイディスク / DVDレコーダー | サポート・お問い合わせ | ソニー
録画した時の録画モードと、再生したときの... | Q&Aページ | Q&A | ブルーレイディスク / DVDレコーダー | サポート・お問い合わせ | ソニー
bd-recoder
sidemenu_sm1
ブルーレイディスク/DVDレコーダー サポートトップ
S1012171084196
1
BDZ-A70 BDZ-A750 BDZ-A950 BDZ-AT300S BDZ-AT350S BDZ-AT500 BDZ-AT700 BDZ-AT750W BDZ-AT770T BDZ-AT900 BDZ-AT950W BDZ-AT970T BDZ-AX1000 BDZ-AX2000 BDZ-AX2700T BDZ-E500 BDZ-E510/B BDZ-E520 BDZ-ET1000 BDZ-ET1100 BDZ-ET1200 BDZ-ET2000 BDZ-ET2100 BDZ-ET2200 BDZ-EW1000 BDZ-EW1100 BDZ-EW1200 BDZ-EW2000 BDZ-EW500 BDZ-EW510 BDZ-EW520 BDZ-EX200 BDZ-EX3000 BDZ-FT1000 BDZ-FT2000 BDZ-FT3000 BDZ-FW1000 BDZ-FW2000 BDZ-FW500 BDZ-L55 BDZ-L70 BDZ-L95 BDZ-RS10 BDZ-RS15 BDZ-RX100 BDZ-RX105 BDZ-RX30 BDZ-RX35 BDZ-RX50 BDZ-RX55 BDZ-S77 BDZ-SKP75 BDZ-T50 BDZ-T55 BDZ-T70 BDZ-T75 BDZ-T90 BDZ-V7 BDZ-V9 BDZ-X100 BDZ-X90 BDZ-X95 BDZ-ZT1000 BDZ-ZT1500 BDZ-ZT2000 BDZ-ZT2500 BDZ-ZT3500 BDZ-ZW1000 BDZ-ZW1500 BDZ-ZW2500 BDZ-ZW500 BDZ-ZW550 KDL-26EX30R KDL-32EX30R KDL-32HX65R KDL-40HX65R KDL-40HX80R KDL-46HX65R KDL-46HX80R KDL-55HX80R
bd
> Q&A

録画した時の録画モードと、再生したときの録画モードの表記が違うことがある

  • 録画モード LSR でHDDに録画後、BD(ブルーレイディスク)に高速ダビングして再生したところ、LR と表示されます。
  • DVDに SP でダビング後に再生したところ、LSP と表示されます。
  • SR で録画したタイトルをBDに高速ダビング後、別のレコーダーで再生したところ、DR と表示されます。

BD/DVDディスクに録画または、ダビングした場合には録画モード表示が変わることがありますが、表示が変わっても画質や容量は変わりません。

目次

説明

HDDに録画した場合

録画時に設定した録画モードと、録画リストに表示される録画モードは同じです(異なりません)。
映像データとは別に録画モードの情報もHDDに記録されるため、録画リストに表示される録画モードにもその情報が使われます。
ただし以下の操作をおこなうと、再生時に表示されるモードが変わる場合があります。

  • 録画後のタイトルにタイトル分割やタイトル結合などの編集をおこなう
  • BDにダビング後、再度HDDにムーブバックする

目次に戻る

BDに録画、またはBDにダビングした場合

録画時、またはダビング時に設定した録画モードと、BD内のタイトルリストに表示される録画モードは異なる場合があります。

【例】

  • BDZ-ET2100のHDDに「LSRモード」で録画してBDに高速ダビングし、BDZ-ET2100(自機)でBD内のタイトルを確認すると「LRモード」になっている。
  • BDZ-X90のHDDに「LRモード」で録画してBDに高速ダビングし、BDZ-ET2100(他機)でBD内のタイトルを確認すると「LSRモード」になっている。

BDに録画時やBDにダビング時に設定した録画モード(ダビングモード)の情報は、BDに記録されません。
そのため、BD内のタイトルリストに表示される録画モードは、各タイトルのビットレートからその都度計算して決められます。
特に画質の低いモードで録画(ダビング)した映像や、記録時間が短い映像で現象が発生しやすくなります。
表示上の違いのみであり、画質や容量が変わっているわけではありませんのでご安心ください。
なお、DRモードでBDに録画、またはダビングして自機で再生する場合は、BD内のタイトルリストにもDRモードで表示されます。

参考

各録画モードごとに決められたビットレートは、機種によって異なります。
機種ごとの仕様の違いにより、録画した機器と再生する機器が異なると、表示されるモードも変わる場合があります。
表示上の違いのみであり、画質や容量が変わっているわけではありませんのでご安心ください。

また、2012~2016年発売モデル(BDZ-EX3000/ET2000/ET1000は除く)でDR以外の録画モードで録画してBDに高速ダビングしたもの、あるいはBDに直接録画したものを2007~2011年発売モデルで再生すると、BD内のタイトルはDRモードと表示されます。
これは2007~2011年発売モデルと2012~2016年モデルのDR以外の録画モードで録画した際の音声形式の仕様が異なるため生じる制限事項です。
表示上の違いのみであり、画質や容量が変わっているわけではありませんのでご安心ください。

目次に戻る

DVDにダビングした場合

ダビング時に設定した録画モードとDVD内のタイトルリストに表示される録画モードは異なる場合があります。

【例】
BDZ-ET2100でDVDに「SPモード」でダビングし、BDZ-ET2100でDVD内のタイトルを確認すると「LSPモード」になっている。

DVDダビング時に設定したダビングモードの情報は、DVDに記録されません。
そのため、DVD内のタイトルリストに表示される録画モードは、各タイトルのビットレートからその都度計算して決められます。
特に画質の低いモードでダビングした映像や、記録時間が短い映像で現象が発生しやすくなります。
表示上の違いのみであり、画質や容量が変わっているわけではありませんのでご安心ください。

目次に戻る

関連Q&A
今までに発売されたブルーレイディスクレコーダーの機種名/発売時期を教えてください。
“ハンディカム”からUSB接続で取りこんだ映像の録画モードの表示が変わってしまう。一致しない。




文書番号: S1012171084196
更新日: 2018/08/10