本体ソフトウェアバージョンを確認する| Q&Aページ | Q&A | ブルーレイディスク / DVDレコーダー | サポート・お問い合わせ | ソニー
本体ソフトウェアバージョンを確認する| Q&Aページ | Q&A | ブルーレイディスク / DVDレコーダー | サポート・お問い合わせ | ソニー
bd-recoder
sidemenu_sm1
ブルーレイディスク/DVDレコーダー サポートトップ
S1110278026755
1
BDZ-A70 BDZ-A750 BDZ-A950 BDZ-AT300S BDZ-AT350S BDZ-AT500 BDZ-AT700 BDZ-AT750W BDZ-AT770T BDZ-AT900 BDZ-AT950W BDZ-AT970T BDZ-AX1000 BDZ-AX2000 BDZ-AX2700T BDZ-E500 BDZ-E510/B BDZ-E520 BDZ-ET1000 BDZ-ET1100 BDZ-ET1200 BDZ-ET2000 BDZ-ET2100 BDZ-ET2200 BDZ-EW1000 BDZ-EW1100 BDZ-EW1200 BDZ-EW2000 BDZ-EW500 BDZ-EW510 BDZ-EW520 BDZ-EX200 BDZ-EX3000 BDZ-FT1000 BDZ-FT2000 BDZ-FT3000 BDZ-FW1000 BDZ-FW2000 BDZ-FW500 BDZ-L55 BDZ-L70 BDZ-L95 BDZ-RS10 BDZ-RS15 BDZ-RX100 BDZ-RX105 BDZ-RX30 BDZ-RX35 BDZ-RX50 BDZ-RX55 BDZ-S77 BDZ-SKP75 BDZ-T50 BDZ-T55 BDZ-T70 BDZ-T75 BDZ-T90 BDZ-V7 BDZ-V9 BDZ-X100 BDZ-X90 BDZ-X95 BDZ-ZT1000 BDZ-ZT1500 BDZ-ZT2000 BDZ-ZT2500 BDZ-ZT3500 BDZ-ZW1000 BDZ-ZW1500 BDZ-ZW2500 BDZ-ZW500 BDZ-ZW550 RDZ-D700 RDZ-D800 RDZ-D900A
bd
> Q&A
Q

本体ソフトウェアバージョンを確認する

手動でアップデートする方法はありますか?
自動的にアップデートされますか?
バージョンを確認したい。

 
A

[設定]から確認できます。ソフトウェアバージョンが最新ではない場合はアップデートしてください。

内容

説明

ブルーレイディスクレコーダーのソフトウェアのバージョンを確認する方法
2016年以降発売モデルの場合

操作手順

  1. リモコンの《ホーム》ボタンを押します。

  2. [設定/お知らせ]>[設定値一覧]を選択し、《決定》ボタンを押します。

  3. ソフトウェアバージョンをご確認ください。
    ソフトウェアバージョンが最新かどうかは、最新のソフトウェアバージョン を参考に、確認してください。

目次に戻る

2015年以前発売モデルの場合

操作手順

  1. リモコンの《ホーム》ボタンを押します。

  2. 一番左側の[設定]列から[本体設定]を選び、《決定》ボタンを押します。

  3. [本体情報](機種によっては[機器情報])を選び、《決定》ボタンを押します。

  4. お使いのブルーレイディスクレコーダーのソフトウェアバージョンをご確認ください。
    ソフトウェアバージョンが最新かどうかは 、最新のソフトウェアバージョン を参考に、アップデートしてください。

     

目次に戻る

最新のソフトウェアバージョン

最新のソフトウェアバージョンは、以下の一覧から確認できます。
ソフトウェアバージョンが最新でない場合は、「放送ダウンロード」を利用してアップデートする方法 を参考に、アップデートしてください。

 

機種名最新のソフトウェアバージョン
2018年発売:BDZ-FT3000/FT2000/FT1000/FW2000/FW1000/FW500「32.010.xx」 *
2017年発売:BDZ-ZT3500/ZT2500/ZW2500/ZT1500/ZW1500/ZW550「31.011.xx」 *
2016年発売:BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500「29.048.xx」 *
2014年発売:BDZ-ET2200/ET1200/EW1200/EW520/E520「28.xx.021」 *
2013年発売:BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510/E510「26.xx.021」 *
2012年発売:BDZ-EX3000/ET2000/ET1000「25.xx.023」 *
2012年発売:BDZ-EW2000/EW1000/EW500/E500「24.xx.019」または「27.xx.013」 *
2011年発売:BDZ-AX2700T/AT970T/AT770T/AT950W/AT750W/AT350S「21.xx.025」 *
2011年発売:BDZ-SKP75「23.xx.023」 *
2010年発売:BDZ-AX2000/AX1000/AT900/AT700/AT500/AT300S「18.xx.022」 *
2010年発売:BDZ-RX105/RX55/RX35/RS15「17.xx.031」 *
2009年発売:BDZ-EX200「17.xx.031」 *
2009年発売:BDZ-RX100/RX50/RX30/RS10「16.xx.028」 *
2009年発売:BDZ-A950/A750末尾3ケタが「020」
2008年発売:BDZ-X100/X95/L95/L55/T75/T55末尾3ケタが「022」
2008年発売:BDZ-A70/T90末尾3ケタが「031」
2007年発売:BDZ-X90/L70/T70/T50末尾3ケタが「031」
2006年発売:BDZ-V9/V7末尾3ケタが「038」
2003年発売:BDZ-S77末尾3ケタが「2.08」
2006年発売:RDZ-D900A/D800/D700末尾3ケタが「018」

    *  ソフトウェアバージョンの「xx」には数字が入ります。

製品本体に記載している機種名の確認方法
製品本体の前面にBDZから始まる機種名が記載されています。
※機種によって前面扉の内側に記載されている場合があります。
製品本体に記載している機種名の確認方法

目次に戻る

「放送ダウンロード」を利用してアップデートする方法
ご注意

「放送ダウンロード」は、地上デジタル放送・BSデジタル放送の放送波に含まれて配信される更新データを利用してアップデートする方法で、配信期間が限定されています。
配信期間外は、USBメモリーを使用してアップデートすることができます。

「手動アップデート」をする方法(2011年以降発売モデルのみ) をご覧ください。

※2010年以前発売のモデルの場合は、お手数ですが使い方相談窓口 までお問い合わせください。

「放送ダウンロード」の対象機種で、以下の3つの条件を満たしていれば、アップデートがおこなわれます。

アンテナレベルが安定していること

最新のソフトウェア(更新データ)は、地上デジタル放送・BSデジタル放送の放送電波に含まれて送信されるため、 アンテナレベルが以下の条件を満たしている必要があります。
 

  • 地上デジタル放送のアンテナレベルが、40以上であること。
  • BSデジタル放送のアンテナレベルが、20以上であること。

アンテナレベルを確認する方法は、以下の詳細Q&Aをご覧ください。

▼詳細Q&A:
アンテナレベルを確認する方法

アンテナレベルが安定していない場合は
受信状況の改善をおこなうか、「手動アップデート」をする方法(2011年以降発売モデルのみ)をお試しください。

 

「ソフトウェアアップデート」が[自動]に設定されていること

[ソフトウェアアップデート]が[自動]に設定されていないと、自動でアップデートされません。
(お買い上げ時は、[自動]に設定されています。)

ソフトウェアアップデートの設定を確認する方法
操作手順
  1. リモコンの[ホーム]ボタンを押します。

  2. [設定/お知らせ]、または[設定]から[本体設定]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押します。

  3. [ソフトウェアアップデート]が「自動」になっているかを確認します。

 

電源を切っておくこと

「放送ダウンロード」は、ブルーレイディスクレコーダーの電源を切っている時に開始されます。
ブルーレイディスクレコーダーの電源を常に入れたままにしておくと、アップデートはおこなわれません。

ご注意
  • アップデートの開始後は、終了するまでそれ以外の操作はできません。
  • 故障の原因となるため、アップデートの実行中は電源コードを絶対に抜かないでください。
  • お使いの環境によっては、最新のソフトウェア(更新データ)が配信された日から、実際にアップデートが開始されるまでに数日かかる場合があります。
参考
  • アップデートの際、一時的に番組表情報やおまかせ予約リストが消えてしまいますが、しばらくすると再取得されます。お客様ご自身にて設定されたもの(画質、音質、入出力、ネットワーク設定など)や録画タイトル、録画予約などは、そのまま保持されます。

アップデート中の本体前面の表示について

  • 2014年発売モデル の場合
    アップデートの進行具合によって、光るランプが変わります。
        0~25%終了:”センターLED”“ディスク””録画1””録画予約””ネットワーク”が点滅
        26~50%終了:”センターLED””録画1””録画予約””ネットワーク”が点滅
        51~75%終了:”センターLED””録画予約””ネットワーク”が点滅
        76~99%終了:”センターLED””ネットワーク”が点滅

    UPDATE

  • 2016年以降、および2013年以前発売モデルの場合
    ランプが点滅し、表示窓に「UP ○○%」、「UPDATE ○○%」または「VERSION UP」のどれかが表示されます。

    UPDATE

    VERSION UP

目次に戻る

「手動アップデート」する方法(2011年以降発売モデルのみ)

2011年以降発売モデルの場合、USBメモリーを使って手動でアップデートができます。
アップデート方法については、以下のページでご使用のモデルの最新バージョンを検索してご確認ください。

 本体アップデート情報
 https://www.sony.jp/bd/update/

 

2010年以前発売モデルの場合は、お手数をおかけいたしますが、使い方相談窓口 までお問い合わせください。

ご注意

USBメモリーについて

  • USBメモリーは、FAT32のフォーマットで1GByte以上の空き容量が必要です。
  • ダウンロードしたアップデートファイル(ZIPファイル)は、必ず解凍・展開し、解凍したファイルすべてをUSBメモリーの最上位の階層(ルートディレクトリー)にコピーしてください。
以下の場合、アップデートはできません
  • 録画中、ダビング中、おでかけ転送中、acTVila ダウンロード中。
  • 40分以内に開始する録画予約がある場合。(アップデートは最大でおおよそ40分程度かかるため)

目次に戻る



 
 



文書番号: S1110278026755
更新日: 2018/09/27