DPT-S1で拡大表示をピンチ操作で行っていましたがDPT-RP1、DPT-CP1でもできますか?| Q&Aページ | Q&A | サポート・お問い合わせ | ソニー
DPT-S1で拡大表示をピンチ操作で行っ... | Q&Aページ | Q&A | サポート・お問い合わせ | ソニー
professional
Q&A検索
SH000158864
1
DPT-CP1 DPT-RP1
professional
> Q&A
Q

DPT-S1で拡大表示をピンチ操作で行っていましたがDPT-RP1、DPT-CP1でもできますか?

A
 

DPT-RP1、DPT-CP1では、拡大表示の操作方法が変更になっています。
ツールバーから拡大ボタンをタップしていただき、ペンまたは指で拡大したい箇所を囲んでいただくと、その部分を拡大表示することができます。
ただし、拡大した状態でページめくりを行うことはできません。拡大状態でのページめくりは本体のファームウェアVer.1.4以降可能です。

 



文書番号: SH000158864
更新日: 2018/05/31