「Google Assistant is not connected」とアナウンスされGoogleアシスタント機能が利用できない| Q&Aページ | Q&A | ヘッドホン/ヘッドホンアンプ | サポート・お問い合わせ | ソニー
「Google Assistant is... | Q&Aページ | Q&A | ヘッドホン/ヘッドホンアンプ | サポート・お問い合わせ | ソニー
headphone
sidemenu_sm1
ヘッドホン/ヘッドホンアンプ サポートトップ
SH000162716
1
WH-1000XM2 WI-1000X
headphone
> Q&A

「Google Assistant is not connected」とアナウンスされGoogleアシスタント機能が利用できない

再ペアリングとGoogleアシスタントの初期設定で改善があるかお試しください。

対象製品

WH-1000XM2、WI-1000X

目次

 

事前確認

Googleアシスタントを使うには以下の条件を満たす必要があります。

  • ソフトウェアバージョン2.0.0以降のヘッドホン
     ソフトウェアバージョンが2.0.0未満の場合は、以下よりアップデートをおこなってください。
     ▶ ヘッドホン本体アップデート情報

  • ソフトウェアバージョン3.1.0以降の「Headphones Connect」アプリ

  • Googleアシスタント対応のスマートフォン
     Android : バージョン5.0以降(最新バージョンのGoogleアプリがある場合は適用する)
     iOS: バージョン10.0以降(最新バージョンの「Googleアシスタント」アプリをインストールする)

目次に戻る

対処方法

■iPhone/iPadの場合

iPhone/iPadに登録されているBluetoothデバイス情報を解除し、再度ペアリングをお試しください。
 ※OSのバージョン、または製品により手順が説明と異なる場合があります。

  1. ヘッドホンの電源が入っている場合は、電源をオフにしてください。
    電源ランプが消灯します。

  2. iPhone/iPadに登録されているデバイス情報を一度解除してください。
    iPhone/iPadに本機のデバイス情報が登録されていない場合は、手順3に進んでください。

    ● デバイス情報の解除方法

    1. HOME画面から[設定]アイコンをタップしてください。

    2. 設定画面から[Bluetooth]をタップしてください。

    3. Bluetooth機能が[オフ]の場合は、[オン]に設定してください。

    4. [自分のデバイス]に表示されたヘッドホンの機種名の右端に表示される(i)ボタンボタンをタップしてください。

      「接続されていません」

    5. 画面上部に表示されたデバイス名がお使いのヘッドホンであることを確認後、[このデバイスの登録を解除]ボタンをタップしてください。
      デバイス名が異なる場合は、手順4に戻ってください。

    6. [OK]ボタンをタップしてください。

      以上でデバイス情報の解除方法は完了です。
       

  3. iPhone/iPadからデバイス情報を削除すると、Bluetooth機能が有効な場合はペアリングモードになります。(デバイス検索を開始します。)

  4. ヘッドホンの電源ボタンを約7秒押し続けます。
    ランプの青と赤が交互に点滅することを確認してください。

    WI-1000Xの場合WH-1000XM2の場合
    WI-1000Xの場合WH-1000XM2の場合
  5. iPhone/iPadの[その他のデバイス]に表示されたヘッドホンをタップしてください。
    パスキーを要求された場合「0000(ゼロゼロゼロゼロ)」を入力してください。
    パスキーは、パスコード、PINコード、PINナンバー、パスワードなどと呼ばれる場合があります。

  6. iPhone/iPadの[自分のデバイス]に表示されたヘッドホンの機種名の右端に「接続済み」と表示されれば、ペアリング処理が完了です。ヘッドホンからは「BLUETOOTH connected」とガイダンスが流れます。

  7. Googleアシスタントアプリを起動します。
    [ヘッドフォンの設定を完了してください]と表示されている箇所をタップし、設定を完了させてください。

    ヘッドフォンの設定を完了してください

    Googleアシスタントアプリにヘッドホンの設定項目が表示されなかった時は、ヘッドホンの初期化を実施し、手順1から操作しなおしてください。
     ※初期化を実施すると、音量調節などを工場出荷時の設定に戻し、すべての機器登録(ペアリング)情報を削除します。

目次に戻る

■Androidスマートフォン/タブレットの場合

Androidスマートフォン/タブレットにヘッドホンのデバイス情報を以下の手順で 一度解除し、再度ペアリングをお試しください。

  1. ヘッドホンの電源の電源が入っている場合は、電源をオフにしてください。
    電源ランプが消灯します。

  2. Androidスマートフォン/タブレットのBluetooth機能を[オン]にして、登録済みのヘッドホンのデバイス情報を一度解除してください。

  3. ヘッドホンの電源ボタンを約7秒押し続けます。
    ランプの青と赤が交互に点滅することを確認してください。

    WI-1000Xの場合WH-1000XM2の場合
    WI-1000Xの場合WH-1000XM2の場合
  4. Androidスマートフォン/タブレットのBluetooth設定画面を開き、ヘッドホンをタップしてください。
    [ペア設定リクエスト]画面が表示された場合は[ペア設定する]をタップしてください。

    パスキーを要求された場合は「0000(ゼロゼロゼロゼロ)」を入力してください。
    パスキーは、パスコード、PINコード、PINナンバー、パスワードなどと呼ばれる場合があります。
    ※デバイスリストにヘッドホンが表示されない場合は、[Bluetooth]画面の[機器の検索]をタップしてください。

  5. ペアリング処理が完了すると、[接続された機器]に新しくヘッドホンが表示されます。ヘッドホンからは「BLUETOOTH connected」とガイダンスが流れます。

  6. Androidスマートフォン/タブレットに、[Googleアシスタントを設定します]という表示が通知されたらタップします。
    画面上部の通知領域に表示されている場合は、下方向へスワイプしてからタップします。
    表示された指示に従って設定を完了してください。

    ポップアップの場合通知領域の場合
    ポップアップの場合通知領域の場合

    Googleアシスタントアプリにヘッドホンの設定項目が表示されなかった時は、ヘッドホンの初期化を実施し、手順1から操作しなおしてください。
     ※初期化を実施すると、音量調節などを工場出荷時の設定に戻し、すべての機器登録(ペアリング)情報を削除します。

目次に戻る




文書番号: SH000162716
更新日: 2018/07/06